トップ 最新 追記

十日日記


2003-08-05

Link 2時間の命

2000年の秋から使ってきたFLORA 220FX NP3にガタがきはじめた。画面の一部にサイケな模様が現われることがある。液晶表示部に手を触れると直るから、中のビデオケーブルに断線などの問題が発生しているのだろう。こんなときのために予備機を買っているのだから、さっそく交換することにした。予備機にLANモジュールとハードディスク、メモリーを移して起動する。Windowsでの動作確認がとれた。

CPUは450MHzから600MHzへと高速化を遂げたものの、それに伴う発熱が心配になる。廃熱をよくするために銅板をあてがうなどの工夫は凝らされているが、しょせんは同じ設計なので、150MHzアップに耐えられるのだろうか。たいした作業でないのにもかかわらずファンが回り出すのが心許ない。不安に感じてきたのでシステム全体の控えをとることを決意し、KnoppixのCD-ROMから起動させてpartimageでパーティションの控えをとりはじめた。

まずいことに、控えをとりはじめてから数分でファンが回りはじめる。gzip圧縮しながらの作業なので一定のCPU負荷はあるのだろう。キーボード上部に手を触れてみると、450MHzのときには経験しなかったほど熱くなっている。さらに数十分後、画面表示が固まってしまった。本体底部がかなり熱い。熱暴走のようだ。いったん電源を遮断する。

数時間後、冷えたのを確認してから電源を再投入する――が、画面が点灯しない。そんなアホなと思うが、BIOS画面すら出てこない。熱暴走どころか熱死してしまったみたいだ。予備機はわずか2時間で故障してしまった。

幸いなことに、私は予備機をもう1台持っている。こちらはCeleron 500MHzだから、発熱の心配はそれほど必要ない。再びLANモジュールとハードディスク、メモリーを移して起動する。OK。つぎにKnoppixから起動させてパーティションの控えをとる。今度は無事に終了した。

Tags: PC

2003-08-15

Link ヨドバシ梅田訪問記

四条畷の伯母の家に寄った帰りに、梅田まで出てヨドバシカメラを見てくることにした。片町線は今や宝塚や西明石まで直通で行けるようになっていて、北新地という地下駅で降りると東梅田のあたりに出る。駅を出てから道に迷いかけたが、今回は1人に聞くだけで辿り着けた。

梅田店周辺は休日ということもあって客で混み合っている。建物にはヨドバシだけが入っているわけではないので、パソコンに縁遠そうな人たちも見られる。化粧のきついオバハンを見ると大阪に帰ってきた実感がわくものだ。建物内部は階あたりの面積が実際に広いのか天井が高いからなのか、とにかく広く感じた。この日はスイッチングハブを購入。

ついでにノートPC周辺を見てまわる。ざっと見たかぎりでは、現行の12.1インチXGAモデルの中には食指が動く製品はなかった。好みの日立はすっかりシャープっぽくなってしまい、そのシャープ製はキーボードの質が低下してから数年が経つ。キーボードで合格点を与えられるのはIBMくらいだが、Xシリーズは光学ドライブを内蔵していない。

12.1インチよりも大きな画面を探すと14.1インチまで飛んでしまう。ThinkPad 600などはたしか13.1インチXGAで、この大きさはWindows画面でバランスがとれていた。現時点で13.1インチの機種を出しているのは富士通だけのようで、これは惜しい。

帰りの京阪電車の広告には「おけいはん」がいたのだが、ひさしぶりに見た彼女は老けてきているような気がした。

Tags:

2003-08-17

Link 古代の話

実家から戻ってくる直前に眺めていた田中建彦『外来語とは何か』(2002年、鳥影社)で、いくつか思うところがあった。

現代日本語の語彙に占める単語のうち最も多い種類は中国由来の漢語で、4割ほどを占めているらしい。古代から中古にかけての中国の文化的影響を考えれば、それほど不思議には思われない。ところが、同じく強い影響を受けている朝鮮半島由来とされる単語は、ほとんどない。これは奇妙な話で、朝鮮語由来の和語がわりとあるのではないか――というような話だった。(さらに同書では日朝同祖論まで語られるのだが、それは行き過ぎというものだろう。)

注釈を入れておくと、上で語られているのは単語の借用に関してであって、日本語と朝鮮語が同語族であるという話ではない。単語は文化交流で容易に持ち込まれる。ノルマン人征服のため現代英語ではラテン系の語彙の占める割合が高くなっているのと同じく、中国の文化的風下にあった日本では漢語の占める割合が大きい。だからといって、現代日本語の文法は中国語のそれとはまったく似ていない。発音でも同様だ。

京都・大阪・奈良あたりに住んでいれば、古代における日本と朝鮮の文化的関係の深さはかなり身近に感じることができる。私が育った地域の氏神は百済王神社(百済寺跡。神仏習合で今は神社になっている)で祀られていた。また、京都や奈良に居をかまえた渡来系の豪族たちの地名は今でも残っている。当時の専門技術者であった彼らは文化的にかなり高い地位にあったと考えられるので、朝鮮語由来の単語が流入するのはさほど不思議なことではない。

もっとも、万葉以前の日本語使用状況があまり解明されていないのと同様、ハングル発明以前の古代朝鮮語の解読はかなり困難なようだ。

Tags:

2003-08-22

Link 脱モバイル

愛用しているノートPCが故障したため、予備の機械がなくなった。心許ないので新たに予備の機械を検討する。財布も心許ないので中古屋をめぐり、秋葉原のとある店でThinkPad T21を購入した。日立にしたかったが、もはや日立製はシャープ製と見分けがつかない。IBMは多くの人が使っているから避けてきたのだが、こんなことになるなら意地を張らないで最初からIBMにしておけばよかった。

本体裏面を見るに、もともとはオーストラリアで販売されていた機種のようだ。もっとも、UKではなくUSキーボード(02K5700)が装着されていた。このUSキーボードのタッチはまことによいのだが、親指シフト配列では使えない。帰りに別の店に寄って日本語キーボード(02K5730)を買う。こちらのタッチは並で、まずまずといったところ。

この差は製造業者によるもののようで、02K5700はアルプス製、02K5730はミネベア製とある。(TP T2* - Keyboard FRU listより。)忌憚なく言わせていただければ、アルプス製のほうがずっとよい。ただし部品価格も割高になるらしく、しかも今となっては購入の見込みが立たない。親指シフト愛好家としてはアルプス製の日本語キーボード(02K5701)が使いたいものだ。

キーボードのほかにハードディスクも新調する。ThinkPadはハードディスクの交換が楽だ。ライセンスの余っていたWindows 2000をインストールし、各種ドライバーソフトウェアを組み込む。ここまでで体力を使い果たした。動作確認はとれたから、移行を急ぐ必要はない。

この4年間ずっとB5ファイル判に固執してきたのだが、ここへきて14.1インチ画面のA4ファイル判に移ったのは目への負担を考えてのことだ。実家のPCを使っていて、大画面の読みやすさを痛感した。今さら持ち運ぶことは滅多にないから、脱モバイルしてもよかろう。

T2xシリーズにしたのには理由があってのことで、話は数カ月前にさかのぼる。ある店でThinkPad T23が相場よりも10万円ほど低い価格で限定販売されていて、私はお使いを依頼された。そのとき私の分も買っておこうかと頭をよぎったのだが、カード限度額がそれを許さなかった。その際の本意ない思いが残っていたのだろう。

このときは確実に購入できるように、秋葉原まで徒歩5分の妹に頼んで朝8時から並んでもらった。9時すぎに店の前に着いたときには、妹のほかに2名の男性がいた。この男性のひとりが家に14台PCがあるという強者で、「コンボドライブって何?」というていどの知識しかもたない妹相手に1時間にわたってオタクトークを繰り広げていたらしい。しかもOS/2の話題を。

Tags: PC

2003-08-23

Link 背伸びの単語

子供が意味を理解しないまま背伸びをして使う「大人の言いまわし」がある。私が子供のころには、国鉄民営化とか大型間接税などの話題がそれに当たった。当時人口に膾炙した単語が採用されるから、子供たちがふだんどのような単語を耳にしているかが推察できる。このまえ聞いた子供たちの背伸び会話。

「日本経済は悪くなる一方だな」
「よせよせ。あまり深く考えると鬱になるぞ」

Tags:

2003-08-27

Link トラックポイントはWebブラウジングには向かない

気がゆるんでいたのか体力が弱っていたのか風邪を引いてしまい、調子の悪い日がつづく。初日から2日目にかけてのノドの痛みと水ばなは出なくなったが、いまは痰をともなった湿性のセキに悩まされている。風邪薬を飲んで頭がぼーっとしているので、こんなときにでもないとやる気の起きない環境移行をしようと思い、メインとなる機器をFLORA 220FXからThinkPad T21へと移す作業を行なった。いまはThinkPadで文章を書いている。

ThinkPadといえば赤いトラックポイントが目印で、この操作を嫌って同機種を避ける人もいる。私はそのあたりにはあまりこだわりがないので、ボールだろうがパッドだろうが気に入って使っている。他社のトラックポイントの中にはポインターの追従が気持ち悪いものもあるのだが、IBMのそれは快適だ。

しかし、Internet ExplorerでWebブラウジングをしているときに、トラックポイントにも使いにくい部分のあることを実感した。IEでは画面のスクロールをspaceバーの打鍵で、リンク先のクリックを左ボタンで、そしてポインターの移動はトラックポイントを行なうのだが、このような操作では狭い範囲に指が集中して窮屈になり、とりわけspaceバーが押しづらい。

スクロールは真ん中(というよりは下側)のボタンを押しつつトラックポイントをスライドさせることで実現しているが、この試みはあまり成功しているようには思えない。指先の負担が大きいからだ。むしろ真ん中ボタンの単独押しでスクロールしたほうが簡潔でよいのではなかろうか。もっとも、この問題はThinkPad T30からウルトラナビが搭載されたことで解消されているのだが……。

Tags: PC

2003-08-29

Link 受け身の制約

庵功雄『「象は鼻が長い」入門――日本語学の父 三上章』(2003年、くろしお出版)が生協の棚に並んでいたので、1冊買う。庵先生は留学生センターの先生だ。

留学生センターでは、日本で大学教育を受けるために必要な日本語能力を養うための教育を行なう。受講生も北東アジア・東南アジアからヨーロッパに及び、各受講生の母語もまちまちだ。そういう人たちが納得できるような日本語の文法体系を整えることは切実な要求としてあり、そこで用いられる文法体系は三上文法に近いものになっている。

ところが、学校教育レベルの国文法にのみしか接していない人にとって、三上文法は見聞きしたことのないものだろう。三上は東京帝大建築科を出たあと旧制中学、新制高校の数学教師をしていたから、文法の素人とみなされ国語学会内部ではあまり好意的には受け入れられなかった。

私がおもしろいと思ったのは庵先生の見解が述べられているp.100からの数ページで、日本語の受け身表現にかかる主格制約についての例文である。

(25)a.田中さんは誰かに頭を殴られた。
  b.田中さんの頭が誰かに殴られた。
(26)a.田中さんは泥棒に財布を盗まれた。
  b.田中さんの財布が泥棒に盗まれた。
(27)a.田中さんは弟を通り魔に殺された。
  b.田中さんの弟が通り魔に殺された。

(25)〜(27)の例文で、a群はすべて適格文であることは納得されよう。しかしb群については、少なくとも(25b)を許容するようであれば日本語ネイティブであることを疑われるし、おそらく(26b)もおかしいと感じるだろう。(27b)なら許容できると思う。ちなみに中国語では(25a)のような表現もまったく問題ないそうだ。

英語だと事情は変わってくるのかしら。人を主語に立てるなら、「He was struck on the head.」のようにして頭は前置詞で表わす。「His head was struck.」は妙かと思ったのだが、Googleでフレーズ検索してみると300件以上出てくるから、中国語と同じようにどちらも使えるのだろう。

例26は微妙で、「財布」を「車」に変えたらどうだろうか。こうなると、bでも許容できそうな気がする。要は身体との接触度によって許容度が変わってくるのだろうか。また、他の用法の「の」と混同して新たな制約を加えると(たとえば「レンブラントの絵」としてみる)どうだろうか。

もうひとつ連想したのは「三匹の子豚がいる」例で、これは本来の日本語なら「子豚が三匹いる」とするところだ。しかし今となっては、前者でも違和感をもたない人が多いのではなかろうか。つまり、翻訳調の文章においては(25b)も許容される可能性がある。特に、利害関係を伴わない受け身を使う場合にはそれが言える。以下の例はどうだろう。

a.田中さんは肝臓を移植された。
b.田中さんの肝臓が移植された。
Tags: 言語


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo