トップ 最新 追記

十日日記


2005-03-01

Link 「英語」本でネタ探し

『The Sceptics』の次号のネタとして英語の時制を扱う予定でいるので、むかし読んだものを含め文献を漁っている。新書の中で最もよいと私が思っているのは山崎紀美子『英文法の核心』(ちくま新書、1997年)で、この書籍については前に触れたことがある。

英文法を知ってますか このまえ渡部昇一『英文法を知ってますか』(文春新書、2003年)を批判目的で購入したのだが、意外と出来がよくて驚いている。17世紀から19世紀にかけて英文法がいかに整備されていったかが歴史的な文法書とともに淡々と紹介されているので、陳腐な意見部分は措いて伝統文法の紹介だけを読むならば得るものが大きい。(逆にこのストイックな点が「ファン」にとっては不満である様子がAmazonの評から窺え、苦笑させられる。)

渡部(2003)の主張をまとめれば「伝統文法は唯一の実用的な英文法である」ということで、私もこの意見には同意する。大事なのは「実用」という点だ。いかに精緻な文法でも、習得コストがあまりに大きければ学習者には利用できない。標準的な5文型にはたしかに欠陥もあるが、かといって述語動詞を数十パターンに分けたところで憶えきれないのは目に見えている。

週末にかけて英語の時制に関する論文をWebで探し、2本読んだ。まずは樋口万里子「不定冠詞主語単純現在総称文の意味特性(PDFファイル)」である。表題だけで嫌になる向きのために軽く補足しておくと、「総称(generic)文」とは一般的な内容を述べる文のことをいう。たとえば「鳥は飛ぶ」というのがそうだ。反対に具体的・個別的な状況を述べたもの(「鳥が飛んでいる」)はepisodicな文という。

a. A dog barks.
b. A dog is barking.
c. Dogs bark.

著者はまず上の3例を挙げ、aやcが総称文として解釈されるのに、bはけっして総称文とは解釈されないと述べている。ここでのポイントは2点あって、(1)名詞が不定冠詞単数か複数形か、(2)単純現在形か現在進行形かという2本の軸が立てられる。そして(1)不定冠詞単数で(2)現在進行形の場合には総称文にならないことが述べられている。それはなぜか。

著者の結論を言うと、bの文には総称させられるような要素が何もないから、ということになる。(1)の線でいうと、もしも複数形ならば犬を集合的に扱うことで総称文となりうる。(2)の線では、単純現在形は「imperfectiveの解釈としか結びつかないので、imperfectiveの解釈を促す」という。

そこで第2の論文、Michaelis, Laura A. "Time and Tense(PDFファイル)," The Handbook of English Linguistics. Blackwellの出番だ。このサーベイ論文は時制の話題についてわかりやすく――しかもセンスよくまとめてあって、読んでいて気分がよい。デクラーク『現代英文法総論』が労作であることは疑いないが、事実の羅列ばかりでセンスが感ぜられず、読んでいて楽しくないのだ。

Tags: 言語

2005-03-05

Link 英文法で遭難中

時制について書こうとしているのだが、思ったよりも難しい。私としては最初から「2時制」という結論ありきで、その方向へ向けて議論を収斂させていけばよいと思っていた。Reichenbechのダイヤグラムはもともと6時制だが、下にあるMichaelis(2005?)の書くように未来についてはS_E_RではなくS,R_Eとして現在完了と鏡像になるように扱えば、話題を過去に移して相対時制として扱っても綺麗に収まるので万々歳だ――と考えていた。

しかし、Michaelisでは未来完了に問題が出てくる。未来完了の文は、どうあがいてもRが未来にあるとしか思えない。Rを未来に移す以上、時制としての未来を認めないわけにはいかなくなる。どうしたものかと思ってGoogle様のお導きに従うと、Sarkar, Anoopの"The conflict future tense and modality: the case of will in English"(PDFファイル)という論文が出てくる。読むと、Hornstein(1990)は未来完了をもってして未来時制の存在を主張しているらしい。このままでは2時制説が危うそうだ。

もうひとつReichenbachで思ったことがあって、S,R,Eと3つの文字があって、それぞれに「=か<」かのどちらかの関係が成り立つならば、3項関係は全部で13あることになる。そのうちの7つを時制で占めているのはいいとして、あとの6つはどうなっているのだろう。理論的にはあるが実際の時制としては存在しない(らしい)R_S_Eのような構文に仮定法による時制の借用を取り込めないかな、などと思ったのだが、ここまでくるとトンデモ説かもしれない。

TOEICやTOEFLのおかげか英文法にまつわる日本語Webサイトが少なくないのだが、既存の文法を誤っていると断定するわりに先行研究を調査したのか疑わしい「俺様文法」が少なくない。俺様文法を判断するコツは先行研究についての言及とともに、「なぜこういう文にはならないか」という禁止例(専門的な文章では、ふつう文の前に*がつく)について説明しているかどうか確認するとよいだろう。

英文法についてきちんと語った数少ない日本語のページを紹介しておく。「大場昌也ホームページ」、「学問無宿」。

Tags: 言語

2005-03-11

Link InDesign(Illustrator)合成フォントの謎

3月21日に開催されるコミックマーケット用の原稿は、残り2小節を残すところまで執筆が進んだ。締め切り後になると他人の原稿の編集に追われるから、自分の記事はとっととInDesignに流し込むことにしている。

InDesignの機能を把握しているわけではないので、わからない点が多々ある。特に合成フォントの仕様がよくわからん。たとえばヒラギノ明朝-W2とPalatino Lightとを組み合わせるとする。このとき、Palatinoを105%にしてベースラインを1%上げる――ここまではよい。

問題は英語の例文を入力しているときに発覚した。アポストロフィや二重引用符が、ちゃんとした(orientedな)かたちで入力できないのだ。字形一覧から入力しようにも全角の二重引用符しか出てこない。検索・置換しようとしても全角で置き換わってしまう。これでは一太郎を笑えないではないか。

しかたがないので、その部分だけ直にPalatino Lightで指定して手計算で105%に拡大し、ベースラインも上げている。ものすごく原始的な気がするのだが、私が何か機能を勘違いしているのかもしれない。

もうひとつ書くと、日本語のコンポーザだと「'」(oriented)で改行が許容される。「student'(改行)s」となってしまって大いに焦った。

Tags: PC

2005-03-13

Link ひさかたぶりに推奨できる岩波新書

しばらく前、数学に興味のあった中高生の多くが読んでいたと思われる書籍に遠山啓『無限と連続』(岩波新書、1952年)がある。この書籍の優れたところは、難易度・厚さが手ごろで、かつ値段が安い(ここが重要)点にあった。彌永昌吉『数の体系』(岩波新書、1972年)以来、数学入門書として優れた岩波新書は出ていないと思っていたのだが、嬉しいことにこの認識は誤りだった。志賀浩二『無限のなかの数学』(岩波新書、1995年)はよい出来だ。以下、簡単に紹介しつつ感想を述べよう。

同書は、「無限」を主題とした4章仕立てになっている。導入の第1章は無限級数・無理数・無限集合で、無難な内容。光るのは第2章「円と無限」と第3章「無限への働きかけ」である。

第2章では、主に三角関数と冪級数展開とを扱う。関数y = f(x)のように表わすことが有効なのはxを代入したときにyの値がはっきりとわかる整式の場合であって、y = sin xなどではxにある値を代入してもyの数値がわからず、算術との結びつきがない。ところがこれが多項式で表わせれば、数値計算することができる――というように級数展開の動機付けを行なっている。

三角関数天文学の要請によって古代から研究されてきたのが、弦の長さと弧長との関係である。sinを日本語で正弦というが、その語義について私はちゃんと考えたことがなかった。弧長に対応する弦(半弦)の長さを示しているというのは、同書で初めて気がつかされたことだ。せいぜい積分でしか使わないarcsinがなぜ生まれてきたのか疑問に思っていたのだけれど、上の理解があれば腑に落ちる。曲線の長さから直線の長さを出力する関数より、直線から曲線の長さを出す関数のほうが使いやすい(p.85)。

三角関数の級数展開は、歴史的にはarctanが最も早かったようだ。arctanやarcsinの積分は、かなり古くから(たしかarctanのほうはギリシャ時代から)知られていた。\int_0^x \frac{dt}{\sqrt{1-t^2}で得られることがわかったあとは、無理関数の展開が検討される。そこでニュートン級数が生まれ、ニュートンはarcsinの展開を「逆に解く」ことでsinの冪級数展開を得たと著者は推測している。arctanの積分公式を相似を使って初等幾何的に求めるあたりはおもしろい。

つづく第3章は18世紀から19世紀にかけての数学で、オイラーによる「発見的」な冪級数の求めかた、そしてフーリエ級数。熱伝導方程式を導出したときフーリエ自身は熱素説に立脚していたのは知らなかった。この章で気に入ったのは、積分の思想的な側面「さまざまな現象に対しその平均的な性質を調べようとする視点」(p.161)という点を強調していることだ。期待値で積分が出てくると不思議そうな顔をする人がいるけれど、不思議どころかむしろ当然のことである。そのあとフーリエ級数の一意性の問題とカントールの紹介がある。

第4章は20世紀数学で、ルベーグ積分や関数空間、代数学の話。ただ、これだけの内容を24ページで表わすのは不可能事だろう。どうしても結果のみの紹介になってしまうので、他書に譲ってもよかったのではないかと思う。

tan()の冪級数展開逆に、触れてもよかったのにと思うのは無限連分数表示である。実数が極限と深く関係しているのを体感する手だてとして無限連分数が使えるという話を、むかし竹内啓がしていた。いまの中学・高校では無限連分数はあまりやらないように思うが、ここから見えてくる規則性の中には美しいものもある。たとえばtanの級数展開がarctanと違って非常に込み入っていることが記されている(p.109)。

tan()の連分数展開しかし連分数で展開すれば、右のようにわりときれいなかたちになる。

このほかの多種多様な数値・関数を連分数表示したサイトとしてSugimoto氏による「連分数展開」があるので参照されたい。いろいろな関数についてはfunctions.wolfram.comに収集されている。ついでに、「今までに例を見ないほどの積分パワー」(サイト紹介文より)で原始関数を計算してくれるThe Wolfram Integratorも便利だ。

Tags:

2005-03-20

Link 電波との戦い

実家の無線LAN環境は、ずっと何とかしたいと思っていた。居間に置いてある基地局からの電波が私の部屋まで届かないのだ。もう少し正確に書けば、届いたり届かなかったりと不安定である。ケーブルを引き延ばして基地局を廊下に置けば電波が届くことは確実だが、それでは歩くのに邪魔だ。アルミ箔などで電波の方向を変えることも試みたが、不安定さは変わらなかった。基地局自体を交換するしかなさそうだ。

まず試したのはバッファローの「WZR-HP-G54」である。「無線LANの通信距離を最大約1.7倍に拡大」という文句に引かれて購入した。もっとも我が家はADSL 1Mbpsの環境なので54Mbpsも不要だし、ADSLモデムに内蔵されているのでルーター機能も必要ない。値段も相応(Amazonで2万5446円)だが、電波出力の大きい廉価品は世に望めないので仕方がない。

バッファローの無線LAN機器は扱って2台目になる。この会社の無線LAN製品は、なんといっても設定が楽なのがよい。セキュリティの設定もしやすい。居間や私の部屋からは我が家の製品以外にも2つの基地局が検索できるが、2つ(Yahoo! BBのレンタル品と日本電気の製品)とも暗号化がなされていない状態である。世間のセキュリティ感覚というのは、このていどのものなのだろう。

さて、WZR-HP-G54に変更して電波受信状況を確認すると、たしかに平均値は10%ほど上がっている。しかし不安定さは変わらず、数分に1度は電波が途絶えてしまう。どういえばよいのか、統計学のグラフで言えば分布の中央値が右に寄っただけである。この出費は痛かった。

次にどうするか。外部アンテナの装着も考えたが、再び失敗に帰す危険がある。そこで、リピーター機能を使って電波を中継させることにした。この案は前から腹にはあったのだが、同じ機械を2台必要とするので、失敗に終わったときの費用とゴミの数から実行がためらわれた。しかし、もはや他に手がない。

リピーター機能を搭載する中で最も安価な基地局は、おそらくコレガの「WLAP-11 V2」である。コレガの直販サイトで処分価格3000円になっているところを2台注文した。WLAP-11 V2は設定がWebページからしか行なえず、WEPキーは数値でしか入れられない。使い勝手はかなり悪い部類に入るが、壁掛けができるほどの小ささと信じがたいほどの安価な値段とは気に入った。

説明書も簡潔すぎて、リピーター機能として使用する場合の正しい設定が判然としない。私が理解した範囲では、通信モードを「リピーター」にセットした上、IPアドレスには基地局と異なるものを振り、ESS IDやWEPキーは基地局と同じにすればよいようだ。

さっそく試験を行なう。ThinkPad T21では無線LANカードのWLCB-11 V2からは基地局が見つけにくいという理解不能の事態になる(同一会社の同一世代の製品でセット売りされることもあるのに)のだが、カードを交換することで対処した。電波状態は悪くて80%台なので、ほぼ完璧だ。電波強度が距離の逆2乗に比例することを思い出せば、3000円×2台で2万5446円以上の効果が得られることは想像に難くなかった。これが今回の買い物の教訓である。

Tags: PC

2005-03-22

Link 英文法その後

未来完了について2週間ほど悩んだ末、ようやく自分なりに納得のいく説明を思いついた。得られた結論はシンプルなもので、出来事時Eを時間軸上の点ではなく区間と見なす、というだけのことだった。そして、現在完了のhave、未来のwillをそれぞれ

  • have:Eの下限を拡張する演算子
  • will:Eの上限を拡張する演算子

として捉える。たとえば

Next Thursday, I will have owned my present car for exactly 20 years.

という文を考えよう。発話時(S)に対して基準時(R)は時間軸の正の方向に変更されている。これは「Next Thursday」という副詞句のためで、willのためだとは考えないのが2時制の立場である。Reichenbachの古典的な説明ではS_E_Rということになるのだが、ちょっと考えてほしい。「車を所有する」という出来事が発生したのは発話時よりも前のことではないのか。とすると、E_S_Rのほうが正しいのではないか。

このように、Reichenbachのダイヤグラムでも未来完了には2つの3項関係が存在することになる。(時制を示す3項関係は7つあると5日に書いたのは、未来完了に2つあるからである。)実際のところは、時制として問題となるのはRとE、SとRの関係であって、SとEとの関係は不問なのであろう。

Eを区間として見たものをReichenbach流に書くと、E(begin)_S_R,E(end)になる。これだけのことを思いつくのに2週間かかるというのは情けない話だが、とにかく話の筋を通すことができて助かった。ついでに述べておくと、参照時(R)も基本的には区間である。

Tags: 言語

2005-03-27

Link USB親指シフトキーボードを使う

Happy Hacking Keyboardに匹敵する大きさの小型親指シフトキーボード「FKB8579-661」は、その仕様や価格に疑問を感じていたので購入してこなかった。だが、Japanistの抱き合わせを廃止して価格を1万円弱にまで下げた「FKB8579-661EV」が売り出されているのを知り、入手する。

661EVのハードウェア仕様は661と同一である。(ただしタッチが以前より軽くなっているような気がする。)外箱にJapanistがないと使用できない旨が銘記してあるので、この時点で初心者は手にとらなくなるだろう。もちろん実際には、親指ひゅんQなどのエミュレーターを使えば問題なく使用できる。素人を排除しておいたほうがサポートの手間は省けるだろうが、このままでは親指シフトは先細りのままだ。

キーボードの配列には疑問の余地がある。私は革命第一世代(OASYS世代)ではないので「後退」や「取消」の位置を109キーボードに合わせたのは賛成である。だが、修飾キーの配置には納得がいかない。

(1)まず最下段のキーが多すぎる。左Windowsキーをなくすべきかどうか(私には不要)は意見の割れるところだろうが、右WindowsキーやApplicationキーはいらないだろう。(2)それからTabキーを無変換キーの左に配置するのも納得がいかない。109キーボードに合わせるならCapsLockの上に配置すべきではないのか。(3)また、Fnキーの位置は左端にあるべきだ。このキーは配置がソフト側で動かせない特殊なキーである上、Deleteなどのために使用する。端にあったほうが迷いなく押せる。

配置ではないが、両親指キーは高さが高すぎる。ここまで高いと、その下にある無変換・変換から親指キーへと親指がなめらかに動かずキーの側面に当たってしまう。キーコードが両親指キーと同じこともあり、無変換・変換キーは無用の長物になっている。思えば、この位置にEnterをもってきたDboard SEは素敵だった。

以上のように不満はわりとあるのだが、USBの親指シフトキーボードを出したという点はとにかく感謝したい。

Tags: PC
本日のツッコミ(全8件) [ツッコミを入れる]

Before...

Link ignosmeno [A8792 d17827 L12743 ]

Link mstlwjM [ ultram 50 mg tab - ultram yahoo answers]

Link AyxnGFu [ buy ultram online overnight - ultram medication]


2005-03-31

Link Windows版PostScriptドライバーに泣かされる

Excelの表をEPSファイルにしてLaTeX文書の中に取り込むことを考える。最終的にはPDFファイルにまで変換したい。dvipdfmxを使うかdvipsを使うかは措いておくとして、Excelファイルを処理する方法としては2通り思いつく。(1)DistillerプリンターでPDF化しておき、AcrobatでEPSファイルに変換する。(2)PSプリンタードライバーでEPSファイルを直接作成する。ところが書体まわりでややこしいことになっていて、どちらも実現していない。

まず不可解なのが、プリンター設定をAdobe Distillerにすると画面上では入っているはずの印刷範囲が切れてしまう問題が発生する。これには手を焼き1時間近く格闘した末、いったんOpenOffice.orgのCalcで読み込んだあとCalcからExcelファイルを出力させることで、まともに印刷できるファイルができた。ところがその先でもつまづく。(1)にしろ(2)にしろ、生成されたEPSファイルがうまく扱えない。dvipdfmx(実質的にはGhostScript)ではエラーを起こすし、そもそもIllustratorで開けない。「WindowsのPostScriptプリンタドライバには致命的なバグがある」というのは偽りではなさそうだ。

しばらく途方に暮れていたのだが、嘆いていても始まらない。Basilisk IIでMac OS 7.6.1を起動し、CDケースに眠っていたMacintosh版Excel 5.0(Excel 95相当)をインストールする。このMacにはOCFのビットマップフォントが入っているので、フォント埋め込みはできないもののAdobe PS Driverによる正しいPostScriptコードが出力できる。モリサワOTFフォントが手元にあれば、Distillerを使ってフォントを埋め込むこともできよう。基本書体パッケージくらいは買っておこうか。

Tags: PC


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo