トップ 最新 追記

十日日記


2005-07-03

Link 『初等数学』を読む

クライン『高い立場からみた初等数学』(東京図書、1959年)という4巻本がある。原著初版の発行が1908年という古いものなので、20世紀以降の数学については触れられていないものの、初等数学の教育的問題について読みやすく書かれている……と言いたいところだが、幾何学のあたりからレベルが上がる。エルランゲン・プログラムの内容についても突っ込んで触れられているけれど、図書の貸出期間中に私はそこまで進まなかった。もっとも、読みこなせるだけの能力もない。

初等関数の微分積分などは、こちらにもあるていどの素養があるので気楽に読める。ちょっと興味を引いたのは、

世間では、この概念の中に神秘的なもの、証明できないものを感じとり、微分法は証明できない、ただ信じなくてはならない独特の哲学体系であるとか、あるいは露骨にペテンだとかいった偏見がもたれるに至ったのである。

と哲学者の無理解について触れられている部分だ。もちろん、現代の科学史家がそんなことを言うと物笑いの種にしかならないが、こういった反発に応じたラグランジュの微積分教科書にはdy/dxも登場せず、ただ導関数だけが形式的に定義される結果となった。その後のコーシー云々については、ここで書くほどのことでもないだろう。

またクラインは、当時の初等・中等教育では指数関数・対数関数の指導が代数操作になっていて、グラフの連続性について必ずしも自明ではない点を指摘している。これは日本の高校でも同じことで、「2のルート5乗は?」などと考え出す生徒が出てくると困ったことになる。

クラインの推奨する導入は、1/xの原始関数としてlog(x)を導出する方法である。ちなみに我が国では、一松信先生の教科書がlog(x)をそのように「定義」していた。導出に話を戻すと、ビュルギの方法に従って原始関数を導き出す方法がおもしろい。彼は指数関数の底を1.0001にして、次のような計算をする。x = (1.0001)^y,x + dx = (1.0001)^(y+1)。ここで後者から前者を引くとdx = 10^4/xになり、双曲線が出てくる。

この方式の欠点としては、「積を和に変換する装置」という見方が遠ざかる点にあろう。その証明自体は積分そのものなので容易なのだが、たとえば対数微分法のような実用的な計算を上の導入といかに結びつけるか。

その他の見所としては、eやpiが超越数(有理係数のn次方程式の解にはならないということ)であることの証明が挙げられる。邦訳は絶版だが、英訳でよければDoverから安く出ている。ただし、幾何学の難しいところは出版されていない。

Tags:

2005-07-04

Link Word 2000と作表と囲い文字

自宅のThinkPadには相変わらずOffice 97+Word 98を入れているが、仕事場ではOffice 2000にしている。Accessは2000以降でデータベースファイルが共通化されているし、Excel 2000のピボットテーブルは衝撃的だ。それにくらべると、Word 2000は更新のありがたみが感じられない。私が事前に知っていたのは、和文OpenTypeフォントで文字幅の変更が可能になったことくらいだった。

Word 2000では作表機能が向上した点が売りのひとつだったらしい。しかし、Word 97/98の罫線操作に慣れてしまった身には思い通りの操作ができず、苛立ちを覚えたことが少なからずあった。「同一文書中どこへでも自由に移動することができ」るはずなのだが、いざ移動すると他の表と合体したり、さらに別の表の位置が変わったりと、まことに不可解な挙動をする。Wordだけ98を入れようかと思ったほどだ。

Word 95/97/98で表を自由に配置する場合には、「レイアウト枠」を使用する。(Word 2000で作成した表混じりのファイルをWord 98で開くと、レイアウト枠で配置が実現されているのが確認できる。)ところがWord 2000には「レイアウト枠」の項目が見当たらないのだ。Word 2000にもレイアウト枠が残っている(フォームツールバーから選択する)ことを知ったのは、つい先ほどのことである。

そのとき作ろうとしていたのはマークシート用紙で、表よりも票と書いたほうが適切な代物である。Excelでは2/3に長体をかけた丸付き数字が容易には表現できないので、やむなくWordの使用ということになった。

さて、マークシートで複数桁のマークを作ろうと思えば、「丸ゼロ」が必要になる。Word 2000には「囲い文字」という拡張書式があって、その機能を利用すれば任意の文字を囲むことができる。ところが驚いたことに、「囲い文字」として選べる4種類の文字の中に本来の囲み文字が存在しない。すなわち、丸付き数字の丸と同じ大きさになっている◯(JIS:227E)が選べず、それよりも小さな○(JIS:217B)になっているのだ。(Word 2003では改善されているのだろうか。)

途方に暮れかけていたところ、MS明朝やMSゴシックにはUnicodeの2E4Aに丸ゼロが存在するのを発見した。単に別の書体とリンクしているだけなのかもしれないが、LaserWriter 16/600 PS-JやOKI MICROLINE 2030/NなどのPSプリンターで印刷できたので、とりあえず問題なかろう。

Tags: PC

2005-07-11

Link リコーG7570を導入する

数カ月ほど前に、Tさんが自宅にリコーのジェルジェットプリンターG7570を導入した。一目見ての感想は、「でかい・うるさい・速い」と端的に要約できる。そのうち買おうと思っていて、先月末にようやく実現した。増設用紙カセットと合わせて72,000円。競りを利用すれば、もう少し安く手に入るだろう。

このプリンターの魅力は印刷速度とB4(A3)両面印刷という点に尽きる。あるていど長いWebページは印刷して読むことにしているけれども、B4両面に4ページ分印刷すると具合がよい。12ptの文字は10.4ptていどになり、文字が小さくなりすぎることもない。

もうひとつ便利なのは、小冊子を作るための割付印刷が行なえる点だ。B4両面に割付印刷したものを束ねて真ん中でホチキス止めすれば、B5判のリーフレットが作成できる。先のミニコミ誌も、このようにして印刷した。

印字品質はというと、はっきりいって1万円足らずのインクジェットプリンターにも劣る。写真画質以前に、OpenType版リュウミンR-KLを11ptで印刷しても漢字の横線が消失する(「標準-はやい」の設定)有様だ。不思議なのは、MS明朝・MSゴシックは6ptでもかすれない点だ。TrueTypeフォントに特化しているのだろうか。

「標準-きれい」に設定すれば、文字の印字に関しては納得のいく水準になる。ただし黒レベルが低いので、締まりがないと感ずる人がいるかもしれない。油性ボールペンにたとえると、キヤノン顔料インクの黒をゼブラとするなら、ジェルジェットの黒はラミーのような感じた。よく言えば上品……なのかなあ。

そういった難はあるけれども、本棚の上に設置して(天井まであと1cmしかない)機嫌よく使っている。

Tags: PC
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

Link 拓ちゃん [このプリンタを Linux で使いたいのですが 設定を教えていただけないでしょうか]

Link nabesin [私も存じません。 お役に立てず残念です。]


2005-07-17

Link ストリーミング事始め

少し前に「呆れるほど速い」と書いたAthlon 64 3400+搭載機J6442が、後継機J6446の登場によって5000円値引きになった。この誘惑に負けて購入してしまう。後継機にしなかった理由は何点かあるが、(a)3500+ではメモリーがデュアルチャネルになった反面クロック周波数が200MHz下がっていて、ビジネス系アプリでは差が出ないように思えた。(b)新しいマザーボードはRadeon搭載だがDVI端子がなく、増設ポートもPCI-Expressであるのが漠然と不安だった。(c)仕事場で使うので、騒音や省エネを気にしないようになった、――といったところだ。自宅で使うなら迷わずJ6446にしただろう。

メモリーはIO-DATAのDR-400(512MB)が5000円ほどで出ていたので、それにする。グラフィックカードは種類が豊富すぎて私にはよくわからないのだが、DVI+ファンレス+128bitバスという条件を満たした中で最初に見つかった製品GV-R955256D(Gigabyte)になった。今にして思えば平凡な選択だ。これまで使用してきたTerminator TUはLinuxボックスにして、サーバーとして稼働する予定である。

ところで2週間ほど前からストリーミングの実験をしていた。職員の9割がMacユーザーという環境なので、選択は自ずからQuickTimeとなる。サーバーソフトウェアはApple自身がDarwin Streaming Serverとして無償提供してくれているので、あとはiMovieなりQuickTime Proなりで「ヒントつき」ムービーを出力すればよい。(ついでに書いておくと、Perl+JavaScriptで作成されたDawrin Streaming Serverのムービー管理ページが感動的に使いやすい。Ajaxではないが、一見の価値があると思う。)

QuickTimeは昔からプログレッシブダウンロード再生が行なえたが、ストリーミングというからには専用プロトコル(rtsp)が使いたいところだ。そのために用意するメタファイルの拡張子は「.qtl」である。Realの「.ram」などと同じく実体は単なるテキストファイルで、以下のように記述する。

rtsptextrtsp://foo.bar.jp:554/hoge.movクリックしてムービーを再生させる場合には、.qtlファイルをaタグで指定しておけばいい。いっぽうWebページに直接埋め込むには以下のようにする。IE系とFirefox系とを合わせて書く必要があるため、記述が二度手間になる。上のOBJECTがIE用、EMBEDがFirefox用の指定だ。ほかのパラメーターとしては、scaleが使えた。

<OBJECT classid="clsid:02BF25D5-8C17-4B23-BC80-D3488ABDDC6B"
        width="320" height="260"
        codebase="http://www.apple.com/qtactivex/qtplugin.cab">
   <PARAM name="src" value="hoge.qtl">
   <PARAM name="autoplay" value="false">
   <PARAM name="controller" value="true">
   <EMBED src="hoge.qtl"
          type="video/quicktime"
          width="320" height="260"
          autoplay="false"
          controller="true"
          pluginpage="http://www.apple.com/quicktime/download/">
   </EMBED>
</OBJECT>

Apacheのhttpd.confは完全には覚えていないのだが、少なくとも

AddType application/x-quicktimeplayer qtl

を加えたのは確かだ。

同時再生して試してみたところ、上りの帯域さえ確保できればサーバー側の負荷は思ったほど高くない(800MHzのAthlonでCPU使用率が20%台にとどまる)ことがわかった。再生側はそれなりにCPUを使う。G4 800MHzでフルパワー、Athlon 64 3400+で30%前後だ。ちなみにMac OS 9で再生するには、QuickTime 6.03が必要である。WindowsならQuickTime Alternativeがよいのではなかろうか。ただしこの場合、リンク型の.qtlムービーがMedia Player Classicで再生できない点に注意を要する。

以上の内容のほとんどは、「ストリーミングメディアガイド」を通じて得たものである。

Tags: Linux

2005-07-18

Link 色覚と触覚

衝動買いしたJ6442だが、さっそく初期不良(再起動するとBIOSが立ち上がらない)に遭遇して返品交換と相成った。打ち明け話をすれば、同じ仕事場の方が買ったJ6442も、ハードウェア的な問題はなかったがドライブ名がハングルで記されていたという事件が起きている。相性がよくないらしい。

大山正『色彩心理学入門――ニュートンとゲーテの流れを追って』(中公新書、1994年)を読む。色については『ファインマン物理学』で読んだ知識しか持ち合わせていなかったが、このたび若干拡張された。

色の3原色(RGB:赤緑青)を混色することで、ヒトが関知できる大部分の色を再現できることは昔から知られている。すなわち、ある色Zを空間上の位置ベクトルとすれば、RGBを基とした1次結合

Z = aR + bG + cB

として異なる周波数の光の波を重ね合わせたZは、固有な周波数をもつ色Zとはまったく異なる波長であるにもかかわらず、「ヒトには」区別がつかない――ということである。

ここで注意を要することは、基(混色の元)となるべき色はRGBにかぎったことではなく、3色あればよいという点だ。にもかかわらずRGBが選ばれるのは、このように基をとるとa, b, c > 0で表わされる色の範囲が広いという理由による。パソコンやテレビで加法混色するのに、係数をマイナスにはできないからだ。以上の知識を仮定して話をつづけよう。

大山(1994)p.14に、ニュートンの色円(Colour Circle)と呼ばれるものが出てくる。同書の図とはちょっと違うが、似たようなものがThe Newton Color Circleの項目(HyperPhysics)にある。この図でおもしろいのは、「スペクトル上では赤の位置から青より遠い位置にある藍や菫が、感覚上では青よりかえって赤に近づく」(p.15)という点だ。この感覚はどういうことだろう。

そこで宗像教授っぽく思いつきを書いてしまえば、この現象は触覚と似ているのではないだろうか。

ヒトはRGBの中で緑色に対する感受性が最も高い。この事実を利用した緑色のレーザーポインターもあるし、フルカラー表示が厳しかった時代など、WindowsはRB各5bit、Gだけ6bitで表示させ、これをハイカラーと称していた。ほかにはPenTileという液晶技術を紹介した数年前の記事もおもしろい。そのほか、「色の表現法」「Rods & Cones」。

なぜヒトが緑色を強く感ずるようになっているのかは不明だが、とりあえず人類の祖先が森の中で育ったから、とベタな仮定をしておこう。その緑色とくらべると、赤色や菫(スミレ:violet)色の波長は可視光線ギリギリのあたりに位置している。私たちがドライアイスを触ったとき、熱いのか冷たいのかわからなくなる。それと同じような感じで、赤や菫は緑と離れているという意味で色を受け取る感覚が近づいているのではなかろうか。暖色・寒色というように、色覚と触覚は案外近いのかもしれぬ。

Tags:

2005-07-21

Link ドキュメントスキャナー対決

自動給紙装置つきのドキュメントスキャナーは古くから存在していたが、富士通はScanSnapによって個人使用のレベルにまで持ってきた。そこに乗り込んできたのがキヤノンで、ScanSnapへの対抗機種といえるDR-2050Cを発表した。このまえDR-2050Cをはじめて本格的に使ったので、ScanSnapと比較した長所・短所を記しておく。

DR-2050CがScanSnapを上回るのはハードウェア特性である。たとえばTWAIN対応はPhotoshopやWinReader使用者には助かる。グレースケール対応もそうだ。ScanSnapにグレースケールがないのを不思議に感じていた。きちんと測定したわけではないが、解像度を同一にした場合の連続読み取り速度も、DR-2050Cのほうが速い。

細かい使い勝手はScanSnapに分がある。DR-2050Cにもボタンがついているが、ScanSnapでは押すだけで自動読み取りされるにくらべれば、押してもソフトが起動するだけ(結局マウス操作が必要になる)なのは見劣りがする。電源投入に関しても、蓋を開けるだけでオンになるScanSnapにくらべ、本体背面にスライド式電源スイッチをつけたDR-2050Cは洗練度が足りない。

Acrobat 7.0 Standardが付属するのはどちらも同じ。最安値比較では、ScanSnapが42,980円、DR-2050Cが55,600円。TWAINとグレースケールのために12,000円を上積みするのは、ちょっと厳しいのではなかろうか。DR-2050CがScanSnapと勝負するためには、実勢価格で5万円を切る必要があろう。

Tags: PC

2005-07-23

Link 間接的にコードレスSkypeを実現する装置VP-820

Skypeのハンドセットがコードレスだったらいいのに――という願望を抱いて数カ月、通常の電話機をSkypeで使用できるようにするUSB装置VP-820の導入によって、間接的にではあるが悲願は成就された。

音声品質などのハードウェア特性は、まったく問題ない。導入場所はISDN回線なので一般電話と混線させる実験はできなかったが、Skypeだけで使っていれば発着信も正しくできる。

問題があるとすればドライバーのほうだ。何度か異常終了することがあった。またPC起動時からタスクトレイに入れる設定がなく、必ず設定ウィンドウが前面に出る。さらに、短縮ダイヤルを用いた発信時に音声を入れることができる機能では、なぜか短縮ダイヤル5番に限って音声を登録することができない。(初期設定ファイルを直接いじれば登録できる。)

しかし、最大の問題を挙げるとすれば「高い」ことだ。別の電話機が必要で7000円というのは、大量導入を躊躇してしまう。いずれはライバル機器の登場で、半額程度にまで価格が下がってくる可能性もあるので、それまで待つのもありだろう。

Tags: PC

2005-07-28

Link サーバー環境を整えたり

交換されたJ6442の正常動作を確認したので、Windows環境を整え主力機として使用している。それまで主力機だったTerminator TU(Celeron 1.0AGHz、RAM:1GB)にはLinuxを入れ、サーバーに使う。ディストリビューションについては改訂頻度の「低さ」を評価して、あいかわらずVine Linux 3.1である。

遠隔管理にはsshを使うのが通常だが、数カ月前からVNCに味を占めた。Vine LinuxをVNCサーバーにするには、TightVNCSRPMをダウンロードし、ビルドする。ただし「Vine Linux 3.1 install memo」にあるとおり、あらかじめ

# apt-get install zlib
# apt-get build-dep glibc
# apt-get build-dep gd

しておく必要がある。あとの設定は他のLinuxと変わらない。ぜんぜん関係ないが、UltraVNC漢字キー対応版)が1.0になっている。サーバーといえばDarwin Streaming Serverも入れたのだが、それこそRedhat用のバイナリがそのまま動くので、書くことがない。

ところで最近利用しているグループウェアに、La!Cooda WIZファンクラブ)がある。これにはLinux版とWindows版とが存在し、前者はPostgreSQLを、後者はMySQLを使用している。しばらく前からWindows版を導入して便利便利と楽しんでいたのだが、せっかくLinuxボックスを設置したのだから移行したくなった。かといってMySQLにたまったデータはそのまま利用したいので、Windows版をLinuxで動かすことを考える。

とはいえ、「考える」というほど難しいことではない。概略を書くと、La!Cooda WIZはmastersというデータベースを作るので、これをdumpしてリストアすればよい。またRegister Globals Onといった特殊な設定は.htaccessに書けばすむ。具体的な注意を述べると、リストアする前にダンプファイルの先頭行に「SET FOREIGN_KEY_CHECKS=0;」と書いておくこと。また.htaccessの内容は下のとおり

php_flag register_globals On
php_value session.use_trans_sid 1
php_value mbstring.language Japanese
php_value mbstring.internal_encoding EUC-JP
php_value mbstring.http_input auto
php_value mbstring.http_output SJIS
php_flag mbstring.encoding_translation On
php_value mbstring.detect_order auto
php_value mbstring.substitute_character none

ちなみにLa!Cooda WIZはInnoDBを使うので、/etc/my.ini(Vine Linuxでは初期状態では入っていない)を適切にコピーして作成しておく必要がある。

そのあとはnetatalk2 and Samba3。UTF-8ベースにすることで、広範な日本語ファイル名かWindows/Mac共通して扱えるようになった。netatalkはマニュアルのPDFファイルがあるので、これを読めばほとんどの疑問が解決する。

Tags: Linux
本日のツッコミ(全3件) [ツッコミを入れる]

Link Darin [I read this piece of writing fully on the topic of the dif..]

Link Alicia [Very nice post. I just stumbled upon your weblog and wishe..]

Link Mittie [Hi just wanted to give you a brief heads up and let you kn..]



プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo