トップ «前の日記(2005-08-20) 最新 次の日記(2005-08-26)» 編集

十日日記


2005-08-21

Link Mac/Windowsでのリモートファイル共有を考える

Samba 3とNetatalk 2との組み合わせで、Mac/Windows両方から共有できるファイルサーバーが実現できることは前に触れた。ただしこれはLAN内のことだ。iDiskのようにLANの外からでもMac/Windowsで共通してアクセスできるようにするには、どのような方法が考えられるだろうか。

Macのほうは何もしなくてよい。AFP over TCP/IPになっているので、たとえばMac OS 9なら“ネットワークブラウザ”の〈サーバへ接続...〉から、アクセスしたいAppleShareボリュームのある機械のURLを入力するだけだ。問題はWindowsである。

最初に検討したのはWebDAVである。Vine Linuxにはmod_davもmod_encodingも用意されていて手軽な点では一番だし、ルーターのポートを新たに開けなくてもいいところが嬉しい。

しかし、WebDAVではSambaでいう「delete veto files」が実現できないのが困る。とはいえMacを使っていない方には全然ピンとこないかもしれないので、以下に簡単に説明する。

Macからnetatalkサーバーに「hoge.xls」というファイルを置いた場合、リソースフォークの部分は「.AppleDouble」という隠しフォルダーの中に「hoge.xls」という名前で作成される。Windows機からSambaサーバーにアクセスするときには.AppleDoubleフォルダーは見えず、「hoge.xls」を消去するとリソースフォークのファイルも同時に削除される。ところが、Windows機からWebDAVでアクセスして「hoge.xls」を消去しても、.AppleDoubleフォルダーの中にある「hoge.xls」は残ったままになってしまう。

他の問題もある。最も手軽なBasic認証は、パスワードを平文で送るためWindows XP SP2からは標準では使えなくなっている。パスワードを暗号化したダイジェスト認証を使用すると、mod_encodingがうまく動作せず日本語ファイルが書き込めなくなることがある。現実的な案としては、Basic認証+SSLあたりに落ち着くだろうか。

もうひとつ案がある。PPTPを使ってVPNを構築し、そこでSambaを使う方向だ。暗号化のためにカーネルにパッチを当てて再構築する必要が出てくるのが面倒だが、いったん構築できれば便利だろうとは思う。

Tags: Linux
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo