トップ «前の日記(2005-12-14) 最新 次の日記(2005-12-19)» 編集

十日日記


2005-12-15

Link 科学技術史

今回の都心ブックオフめぐりでは、数こそ少ないものの掘り出し物を手にすることができた。きょう記すのはその中の1冊、城阪俊吉『エレクトロニクスを中心とした年代別科学技術史』(第4版、日刊工業新聞社、1998年)。第5版が2001年に出ている。

労作としか言いようがない大作である。B5判で336ページあり、中も9pt、8ptのイワタ活字でびっしりと組まれている。もちろん科学技術史だから数式も図版も入っており、書く側だけでなく組む側の苦労も偲ばれる。内容は、歴史年表が詳細になっていると考えたらよい。ただし、日本史や世界史の場合「政治・経済・文化社会」などと分類されるのに対し、本書では「真空:電気・磁気/光学/元素・原子:力学/一般科学・技術」の4本立てになっている。

本書の白眉は記述のディテールにある。それは特に「一般科学・技術」の欄で著しい。いまパッと見開いた70〜71ページ(1833〜1836)の同欄には、「1833 天保の大飢饉」「1833 フランス最初の鉄道開発」「1834 関税同盟の成立とドイツ産業革命の進行」「1835 ドイツ最初の鉄道」「1835 ベルギー最初の鉄道」「1836 帆足万里『窮理通』著述」と並ぶ。単なる「科学技術史」ではないことが浮かび上がってくる。

現代史の注釈になると、記述はもっと過激になる。「“公共事業あるところ汚職あり”で、関西国際空港初代社長として権勢をふるった服部元運輸事務次官が、1997年、空港建設事業に関する贈収賄事件で、逮捕・起訴された」(p.291)。1997年は「日本列島総腐敗化現象」として、「政府や官僚は、教育の改革、教育の見直しなどとうそぶいているが、何のことはない、“上乱れて下これに従う”で、自分たちの悪徳行為で破綻させた土壌の上に咲いた仇花ではないか」(p.300)。「早い話が、市民から遠慮会釈なく巻き上げた税金を、書類操作ひとつで、何十億円という金を自分たち用にネコババして、飲み食いに使っている。過半数の地方自治体すべてこれである」(p.301)と憤懣やるかたない様子だ。

この「官」への厳しさから覗えるように、著者は民間の雄・松下電器産業に昭和21年入社、昭和57年には取締役副社長に就任している。「発刊によせて」では松下幸之助氏が序文を記している。曰く、「実を言うと私は技術関係のことはよくわからない」が、「城阪君の人となりはわかっている」ので、「技術のわからない私でも、わからないながら、これはたいしたものだということがわかってくる」のだそうだ。

Tags:
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo