トップ 最新 追記

十日日記


2006-04-02

Link FolderShareの衝撃

GT4012jの整備をつづける。電源への負荷が高まると雑音が出る傾向があるので、Cool'n'Quietを有効にして常時の電力消費を減らすことにした。ちなみにAthlon 64 X2で同機能を使用する際には注意が必要で、マイクロソフトからパッチが出ている。詳しくは、「Gateway Athlon搭載デスクトップ」などを参照。

AMD ClockでCPUの周波数が小刻みに変わっていくのを眺めていると、ちょっとした発見もできる。マウスオーバーすると背景色が変わるようなリンク(たとえばmixi)でポインターを高速に動かして背景色を切り替えていると、Internet Explorer使用時には周波数が跳ね上がるのだ。同時にビジビジという音が筐体内部から聞こえてくるので、それなりの負荷がかかっているのだろう。Firefoxで見てもそのようなことがないだけに、興味深い現象である。

折しも、仕事場・自宅それぞれのPCのホームディレクトリを控えにとるために用いてきたDVD-RAMが容量オーバーになった。GT4012jにもJ6442にもFirewire端子があるため、しばらく使ってこなかったMomobay CX-1という2.5型のHDDケースを引っ張り出してくる。この機械はFirewireとUSBとをスイッチで切り替えるようになっていて、ちょうどそれが電源ボタンの代わりになって都合がよい。PCとはFirewireで接続しておいて、耳ざわりな音を断つために電源を切りたいときにはスイッチをUSBに合わせるという寸法だ。

このように現在はバックアップメディアを携行して仕事場と自宅とのデータを同期しているわけだが、ネットワークを利用する手も考えられる。UNIX系ツールの使用が頭にあったのでWindows版rsyncを探してみようと思っていた矢先、FolderShareというマイクロソフト製(といっても例によって他社製品を買収したわけだが)のファイル共有ソフトウェアを教えてもらう。試しに使用してみて、少なからず衝撃を受けた。

FolderShareには、大きく分けて2つの機能がある。第1は、離れた場所にある自分のPCのファイルにアクセスする機能だ。たとえばFolderShareをインストールした仕事場のPCをつけたまま、出先に出るとする。出先のPCのWebブラウザーからFolderShareのサイトに接続してアカウント名とパスワードを入力すれば、仕事場のPCの全ファイルにアクセスができる。パスワードを他人に知られれば一巻の終わりだし、不審者にこんなソフトを仕込まれた日には恐ろしいことになりそうだ。

第2は、指定したフォルダーを他人と同期させる機能である。こちらは10ディレクトリまでの制限がついている。クライアント・サーバー型ではなくP2P型なので、更新に衝突が起こった際の処理が気になる。見ると、複製ファイルを作るようになっていた。

Tags: PC

2006-04-06

Link Ajar

クライスラーの車では、ドアが開いていると速度計の下に「Door Ajar」と表示される。芸が細かいのは、ドアが2枚以上開いているときには「Doors Ajar」となるところだ。それはともかくajarとは「開いている」という意味なのだろうが、初見の単語だ。

日曜日にホームズのHis Last Bowを見ていると、次の文が出てきた。ajarは金庫のドアにも使えるようだ。

The safe was ajar, and Holmes standing in front of it was removing dossier after dossier, swiftly examing each, and then packing it neatly in Von Bork's valise.

Tags:

2006-04-07

Link HP dx5150 SF/CTと雑音

日本HPからdx5150 SF/CTが届いた。配送センターが昭島だったのに軽く驚いたが、わざわざ筐体に「Made in Tokyo」とシールしてあるのは少し笑える。東京で組み立てたからといって、品質が高くなるわけでもないだろう。

HP dx5150 SF/CTのマザー tdiaryで「絵日記プラグイン」を知ったので、記念にマザーボードの写真を掲載する。ファンは全部で3つあり、写真の通りCPUにはブロワー型の排気ファンが取り付けられている。その他は電源ファンと筐体ファンで、いずれも中程度の騒音だ。AMDのCPUを搭載しつつ小型筐体にまとめたメーカーはHPくらいのものなので、この製品は貴重だと思う。スピーカーを内蔵している点も評価したい。

さて、dx5150の問題は電源にあった。コンセントを刺すなりキーンというTVの周波数に近い高音が出てくる。蓋を開けて耳をそばだてると、音はBestecの200W電源(中国製)から出ている。このような現象を「トランス鳴き」というらしい。

HPの修理受付に電話する。TV(15.7kHz)並の高周波だと言っているのに「音を電話を通して聞かせてくれ」という返答に腰砕けしそうになった(スズムシの音色の高さすら電話では拾えない)が、出張修理なのは助かる。2日後に修理担当員が来て、HPのロゴが入った別の電源に交換した。こちらは耳をそばだてても無音である。

動作テストも行なって快調――といきたいところだったが、数時間後に起動すると、今度はポーポーポーポーポーと音が5回鳴ってBIOSが立ち上がらない。再び修理を頼まなくてはならないようだ。

GT4012jのマザーボード ついでなので、GT4012jにBTX専用ビデオカードGV-NX66128DP-SIを載せたところの写真も掲載しておく。帆のように立ったフィンの部分にCPU越しの風が当たり、ヒートパイプを通してGPUを冷却する仕組みになっている。

Tags: PC

2006-04-09

Link 『荀子』を読む

高校時代に読みたかったのだが果たせなかった書籍を、ふと思い出すことがある。このまえ心に蘇ったのは『荀子』だ。『韓非子』愛読者としては師匠の本も見てみたかったのだが、岩波文庫は絶版、近所の図書館でも見つけること能わなかった。今となっては当時ほどの興味はもてないものの、読んでおきたい気はする。

荀子についての私の知識は、高校の倫理で習う以上のものではない。最も著名な内容は、孟子の性善説に対する性悪説だろう。法術による支配を唱えた韓非、秦において自らの思想を実現した李斯といった代表的な法家たちを弟子にもっていたことでも知られる。あとは、出藍の誉れの出典くらいか。内山俊彦『荀子』(講談社学術文庫、1999年、元版1976年)、杉本達夫訳『荀子』(徳間書店、1996年)に目を通す機会があったので、以下にメモを記す。

荀子の特徴は、儒家としての自覚と、秦による統一が進もうとする現実との折り合いの付けかたにある。春秋・戦国時代も終わりが近づき、世は乱れている。そんな中で周の理想を説いたところで説得力がない。そこで荀子は性悪説を唱え、儒学では聖人とされている舜や堯であっても、その本性は悪であるとした。その悪を礼によって善なる方向に持っていったから聖人なのだという。つまり性悪説は、善が後天的な努力の産物であることを強調し、それが万人に実践できるものであることを唱えたものだ。このあたりが儒教らしいところで、個々人の聖人への道が閉ざされていない。これが韓非までいくと、人間の性質を変えるなんて手間なことをするよりも、法と刑罰とによって悪行ができなくしてしまえ――となる。

興味深かったのは、孔子や孟子では超自然的な扱いである「天」を、単なる自然へと扱いを変えているところだ。「天の意思」などというものは存在しない。先に述べた性悪説や聖人への道はあくまで人の領域であって、天とは無関係であるとされる。「天論」には、荀子の合理性がよく現れている。

日蝕とか月蝕、季節はずれの暴風雨、妖星の出現などは、いつの時代にもあったことだ。もし君主が聡明で正しい政治を行なっているなら、仮にこれらの現象が一時に起こったとしても、何の被害もありはしない。反対に、君子が暗愚で乱れた政治を行なっているなら、これらの現象がひとつもなかったところで、起こるべき害は起こる。

Tags:

2006-04-11

Link ExcelをSDIっぽくする

PC運が落ちている。今度は職場で使用しているJ6442から、スズムシの鳴くような4kHzくらいの音が聞こえるようになった。蓋を開けて耳をそばだてるとHDDからのようで、嫌な感じだ。とりあえず聞かなかったことにするために、SmartDriveに入れて遮音する。eMachinesの筐体は、5インチベイに格納するのにCPUと電源を外す必要がある。このあたり、親玉のGatewayのほうがよくできている。

話を変える。以前、頑なにMDIを維持するアドビ製品にあって、Acrobatを別プロセスで起動してSDIっぽく使用する話を書いた。いまにして思えば、疑似SDI化がもっと有効なソフトウェアがあるのに気がつかなかった。それはExcelである。ダブルクリックして開くときに別プロセスにする手順は、Trick Palaceの記事に従えばよい。

特殊な方法だから、制限もある。たとえばマイクロソフトが公開しているのは、コピーした数式を別プロセスのExcelに貼り付けられないという問題だ。対処方法としてマ社ではHTML形式で貼りつければよいとしているが、うちのExcel 2000では不可能だった。

Tags: PC

2006-04-15

Link 携帯電話の時限スリープ機能

これから芝居を観るとか重要な打ち合わせがあるとかで携帯電話の電源を切ったまま、その後何日も電源投入を忘れてしまうことが少なくない。電話だけでなくWeb閲覧やメールにも利用している方ならそういう失態はないのだろうが、めったに使わない人間には起こりがちだ。そこで、あることを思いついた。

芝居にしろ映画にしろ会議にしろ、だいたい何時間かかるかは読める。だから、これから何時間かは電源をオフになるけれども、それが済んだら勝手に電源が再投入されるような機能がほしい。電気ポットの休眠状態のような具合で、ここでは「時限スリープ機能」と名づけよう。私が持っている携帯電話には時刻指定のオートパワーオフ機能はあるのだが、時限スリープ機能は存在しなかった。

Tags:

2006-04-16

Link エネループとパナループ

「使い捨てない電池」が売り文句のエネループ(三洋電機)には、発表時から興味をもって見つめていた。いずれ類似品が松下電器から出るだろうと踏んでいたら、はたしてHHR-3MPSが登場したのだった。ただし松下はオキシライド電池を売る使命があるから、三洋ほどの宣伝はないし、特別な名前もない。世の中にはうまい綽名をつける人がいるもので、ネット界隈では「パナループ」と呼ばれている。

使用している充電器がBQ-390(松下電器)なのでパナループを買ったのだが、新世代ニッケル水素電池の放電特性を見るかぎりエネループでも問題なかったようだ。エネループ/パナループ 性能試験を見ると容量ではパナループが若干上回るが、長期保存性能はエネループのほうが1年後に85%と高い。(パナループは半年後に80%維持。)パッケージも魅力的だし、今度からはエネループを買うことにしたい。

電池を買ったのはいいとして、デジタルカメラ以外の使い道がなくてはならない。そこで、単3電池で動作するMP3再生機を買うことにした。YP-C1X(サムスン)というものだ。レジューム機能がついていて液晶表示部があるので選んでみた。ついでにiTunes 6.0.4も入れる。QuickTime Alternativeを入れておくとQuickTimeの上書きしはしないし、設定によってPodcastやMusic Storeなどをオフにできる慎ましさがよい。

ところで先ほど、耳かけ式のヘッドホンの美点に気がついた。通常のヘッドホンやイヤホンとちがって、左右のまちがえようがない。目が悪くなると、イヤホンに刻まれた小さなLやRを判読するのは意外と困難なのである。

Tags:
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

Link co06b8u4hd [<b></b> <b></b> <b></b> <b></b> <b></b>]


2006-04-17

Link 小冊子印刷へのファイル加工

自宅で使用しているプリンターG7570(リコー)は、ドライバーで両面小冊子印刷ができるようになっている。しかしそういった特殊なドライバーを持たないプリンターで小冊子印刷を行なうには、ページを適当に並び替えた上、2upにする必要がある。詳しくは、ポストスクリプトプリンタで両面印刷を参照。

ページの並び替えと2upは、PostScriptファイルであればpsbookとpsnupとの合わせ技が簡単だ。前者で並び替えを行なって、後者で2upとする。PDFファイルの場合には、現段階ではAcrobatなどでPSファイルに変換するのがよさそうだ。psbookのPDF版ともいえるPDFBookが公開されてはいる。

dviファイルだと、青空文庫を読もう!で紹介されているPerlスクリプトdvi2nakが手っ取り早い。原理的にはdvibookやdvitodviを使ってもできて、こちらについてはDviで面付けを見るとよい。

Tags: PC

2006-04-19

Link AppleTalkとSLP

職場でWLI3-TX1-G54(バッファロー)というEthernetコンバーターを導入してから、Mac OSで“セレクタ”を通じたMacやプリンターの一覧表示が行なえなくなった。あとで知ったことだが、AppleTalkに対応しているコンバーターはごく少なく、WN-G54/Cも流通在庫のみとなっないる。いずれは絶滅するかもしれない。なお、AppleTalkという語は多義性をもつ。「AppleTalkプロトコルについて」を参照。

ではLAN内のMac一覧は見られないのかというと、そうではない。Mac OS 9以降の“ネットワークブラウザ”はSLPに対応している。だからセレクタのかわりにネットワークブラウザを使えば、IPアドレスを直接入力せずともサーバーにアクセスできる。ところでnetatalkはconfigure時にSLPdを見つけると自動的に使用してくれるから、さしあたってはサーバーにSLPdを組み込まなくてはならない。

OpenSLPからSRPMをいただいて再構築すると、netatalkのmakeでエラーが発生する。確かめてみると、/usr/lib/libslp.soがlibslp.so.1.1.0へのリンクになっているのだが、実際には1.1.0のファイルが存在していない。やむなくlibslp.so.1.0.1をかわりに用いているのだが、特に問題はないようだ。プリンターのほうは“デスクトッププリンタユーティリティ”を使ってLPRプリンターを登録する。

Tags: PC

2006-04-22

Link パイオニアとしての巨人軍

理想の上司アンケートなど、芸能界やスポーツ界の尺度を一般社会に直に適用する例を世間で見かけることがある。たとえば亡くなった桂枝雀さんを哲学的などと持ち上げる人もあるけれど、上方落語の世界の中にあったからこそ飛び抜けて「哲学的」に見えたのではなかろうか。野球でもそうで、楽天の野村監督を知将というのはよいけれど、その知性はプロ野球選手としては高いという話だと思う。だから、野村語録をビジネスに応用する――などという発想は理解しがたい。

さて、野村克也『巨人軍論』(角川書店、2006年)を読んだ。上に書いたとおり知性の部分には期待していなかったが、内容はまともである。ただし巨人攻略法などより、日本の野球が近代化していく歴史を見るほうが面白い。ブロックサイン、ワンポイントリリーフ、守備固め、投手のローテーション、コーチ制度を導入したのは水原監督であり、スイッチヒッター、専門リリーフ、バントシフトを取り入れたのは川上監督なのだという。川上監督は「ドジャースの戦法」をナインに叩き込み、V9を実現したそうだ。

Tags:

2006-04-23

Link ExcelファイルをPHPで生成する

サムスンのMP3再生機YP-C1Xを使って1週間たつ。気に入った。本体34gに電池が約30gだから、およそ65gになる。首に提げて歩くのは苦にならないが、走るのだったら胸ポケットに入れておきたい。専用ケーブルが面倒ではないかと危惧していたが、デスクトップPCを使うようになってからはケーブルを刺しっぱなしにしているので、心配は杞憂だった。ノートPCを使っている向きは、LiIon蓄電池を内蔵して33gのYP-U1Zがよさそうだ。

さて、ひさしぶりにPHPでスクリプトを書いている。ある種のメールをログファイル風に加工して、Excelファイルとして出力するというような内容である。途中で目的が変更されたため実際にはPerlを使ったほうがよいのだが、面倒なのでそのままにした。なおVine Linux 3.2でPHP5のIMAP関数を使うには、あらかじめaptでphp5-imapをインストールしておく必要がある。

PHPでExcelファイルを出力するため、PEARのSpreadsheet_Excel_Writerを使わせていただく。setFontFamilyで使用可能なのは“Times New Roman”“Arial”“Courier”の3種だが、SJISで書き込んだ日本語文字列はExcel側で和文書体(MS PゴシックやOsaka)にしてくれるようだ。

ちょっと残念なのは、出力されるExcelファイルがExcel 5.0/95形式である点だ。オートフィルタが有効にできれば、まことに便利になるのだが。

Tags: 言語

2006-04-24

Link PC連動コンセント

むかしMacの周辺機器にPowerKeyというものがあって、愛用していた。MacはMac IIからサービスコンセントを備えていたので、ADBキーボードからモニターを含めて電源オンオフが行なえた。PowerKeyは、電源連動を周辺機器にまで広げるためのものだ。ついでに書いておくと、Wake on LANを先取りするPowerKey Remoteというものもあった。

今どきのPC連動コンセントはUSBを使うのかと思って調べてみた。たしかにノートPC用の製品にはUSBを使ったものもあるのだが、もっと単純に電流検知式の連動コンセントが複数種類発売されている。私がヨドバシカメラで買ったのは、TAP-MG27REM(サンワサプライ)だ。3000円弱だった。電流検知式なのでサスペンド時に周辺機器への電源供給が断たれてしまう点に留意しておけば、あとは問題なく使える。

ジョイントバッテリーケース ついでにヨドバシカメラで買った小物に、浅沼商会(king)のジョイントバッテリーケースがある。他社の電池入れも試したのだが、蓋の開けやすさや蝶番部の丈夫さで、この製品は優れている。なお、説明書には「色により乾電池の未使用・使用済みを区別」と書いてあるが、せっかくシールが2枚ついているのだから写真のように+極の向きで区別するのが簡単だ。

Tags:

2006-04-26

Link カスタム本棚

ひと月近く前のことになる。ある旋律が頭に浮かんできた。耳に覚えのある曲だが、どうしても題名が思い出せない。周囲に聞いてもダメ。こういうときは話の内容が頭に入らないもので、心不在焉の状態になる。いまさっき、その曲が「鈴懸の径」であることを思い出し、胸のつかえがとれた。

思い出しついでに。2週間ほど前に本棚を探していた。そのときは値段が決め手となってスチールの書棚にしたのだが、つい感心してしまった書棚がある。「天井つっぱりラック カシマカスタム」は、奥行き17cmの天井つっぱり式の本棚だ。ここまでならざらにある。カシマカスタムが非凡なのは、奥行きの大きい専門書にも対応できるように、A4判の書籍が置ける棚をオプション販売している点だ。このアイデアには恐れ入った。

Tags:

2006-04-30

Link TeXmacs、NetDrive

数式処理システムMaximaGNU TeXmacs上で使うと出力がCMフォントで整形されて表示される。TeXmacs 1.0.5はWindows版(beta)が存在していて、Windows版Maximaとも組み合わせられるようになっている。設定は簡単で、(1)Maxima 5.9.3をインストールする。(2)TeXmacsをインストールする。(3)TeXmacs/plugins/maxima/progs/init-maxima.scmの中にある「5.9.1」という記述を「5.9.2」に変える。TeXmacsは若干動作がもたつくので私自身は未だMaximaを直接使っているのだが、Maximaを人に奨めるときには有用だ。

『PCJapan』という雑誌で知ったFTP/WebDAVクライアント「NetDrive」(ノベル)は、けっこう便利に使えるソフトウェアだ。接続先のディレクトリにドライブ文字を割り当ててくれ、あたかもローカルファイルであるかのように扱える。排他制御がどうなっているのか若干不安だが、いまのところ問題はない。

Tags: PC


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo