トップ «前の日記(2007-11-24) 最新 次の日記(2007-12-03)» 編集

十日日記


2007-11-29

Link 直訳は擬似コード

ときどき英語の勉強で読ませていただいている自由塾の日記で、シェークスピアに関する短文が取り上げられていた。大学入試問題らしい。シェークスピアが西欧で最も偉大な詩人と言われる理由として、「誰よりも詩をうまく書いたからだ」という解答は悪くないが……として次の段落に続く。

But when I think of those times in my life when I have been most happy and unhappy, and recall how at such moments the words of Shakespeare have always come to my lips, because no others could express when I felt and nothing else could ease me of my burden, then I am not satisfied with the answer that I have given.

Because I am dealing here with Shakespeare as a spiritual force in our lives, one who had explored the darkest and the brightest recesses of life and had come back with the greatest of secrets: the healing of suffering by the creation of beauty out of the very things from which we turn in terror.

この文章が高校生にとって難しいのかどうか、私にはよくわからない。ただし、大学受験生と思しきブログでは、上の2つの段落は次のように訳されていた。

しかし、もっとも幸福だったり、最も不幸だったときをを思い出すとき、そのような瞬間、シェークスピアの言葉が常に私の唇にどのように訪れたかたずねてみる、なぜなら私が何を感じているか他のもので表現することができなかったし、他のものは何も私から負担を取り除くことができなかったからだ、そしてその負担とは、私が答えた、答えに満足ではないことだ。

私がここではシェークスピアを人生における精神力として扱っているので、人生の最も暗く、最も明るい深淵を調査した人は、最も素晴らしい秘密とともに戻ってきた:我々が恐怖を追い払うまさにそのものからの美の生成によって苦しむ治療。

この日本語らしき文章を読んだときに、標題のように「直訳とは擬似コードである」と感じた。擬似コードとは、アルゴリズムの構造を浮き彫りにするために、プログラミング言語に似せて書かれたコードのことだ。プログラムではないので、そのままでは使えない。

下手な翻訳書を読んでいると明らかな誤訳が見つかり、原文を推測して解釈しなおすことがある。それが可能なのは、たとえ訳が下手でも解釈は正しい場合だろう。残念ながら今回のような訳文だと、ちょっと原文が推測できない。特に2段落目で、文の構造を完全に取り違えているからだ。これは英語力の問題。

もっとも、たとえ「文」の構造を把握する際にも、統語論が単位とする文よりも大きな単位で文章を読まなくては正確な理解にはつながらない。英語力というよりは読解力がものをいう部分だが、どうすれば力がつくか私は知らない。気がついたら備わっていた、としか言いようがない。

ただし、英文を読む際には意識しておくと得なことはある。そのひとつが「言い換え」だ。たとえば上の文章で言い換えを探すと、次の2種類が見つかる。

most happy and unhappy = such moments = the darkest and the brightest recesses of life = the very things from which we turn in terror

a spiritual force in our lives = the greatest of secrets = the healing

最初の言い換えで、第1項と第3項は形が似ているから容易に判断がつく。幸不幸を明暗に言い換えている。そして、強度な明暗は「恐怖で目を背けてしまう(turn from)もの」である。

第二の言い換えでの第2項と第3項とはコロンでつながっているので簡単だ。第1項は、第一の言い換えと関連づけて推測する。結局のところ最終段落では、コンマの前後で実質的に同じことを述べているのだ。だからsecretsは「秘密」ではなく、「神秘」とか「奥義」とか、そういった類のほうである。

解釈自体は簡単だ。幸福の絶頂や不幸のどん底にいるとき、その裏に潜む人生の真理を常人は見抜くことができない。しかしシェークスピアは透徹した観察眼で人生を深く理解し、詩に結実した。だから偉大だ――というようなことだ。

しかし、これを擬似コードではない通常の日本語にするのは容易ではない。最終段落は、次のように訳せば合格点がもらえるだろうか。

なぜなら、私はここでシェークスピアを人生の心の糧として扱っているからです。シェークスピアは人生の光も闇もその奥底まで見通し、深遠な真理を持ち帰ってきました。常人なら怯えて目を背けてしまうような厳しい人生の現実に立たされたとき、まさにその瞬間に詩という美が生まれ、我々の苦痛を癒してくれるのです。

Tags: 言語
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo