トップ «前の日記(2008-01-26) 最新 次の日記(2008-01-28)» 編集

十日日記


2008-01-27

Link シャドーイング教材

大学生のころ、自分が講義をどのていど理解しているかどうかを知るために、黒板に書かれている内容を1回見ただけでノートにどこまで書けるか確かめていたことがある。よく理解している内容なら、頭の中で自動的に補完がはたらいて、記憶の断片をつなぎ合わせることができる。だから一気にノートに書き下せる。いっぽう、理解できていない内容だとノート取りが複製作業になってしまい、何度も黒板の文字を見て確かめなくてはならない。

上の実験をしていたのは統計学や経済学の講義だったが、外国語でも似たようなことが言えるように思う。よく理解できる英文なら段落単位で憶えることができるだろうが、難しい英文では1文を憶えるのもままならない。

シャドーイングと音読の科学 ところで門田修平『シャドーイングと音読の科学』(コスモピア、2007年)という本がある。書名にある「シャドーイング」とは、聴いた音声の数秒あとを尾行するように発声する訓練である。同時通訳の前段階にあたる練習なのだが、リスニング能力の向上に役立つとのことで外国語学習者のあいだに広まりつつある。同書は認知科学の成果を踏まえ、シャドーイングや音読の効果を理論的に説明したのち、実証研究まで紹介したものだ。

読書前には、シャドーイングをディクテーションの軽負荷版だと考えていた。聴いた音声を紙に書き下すディクテーションは米国の子供も行なう英語の訓練だが、かなり大変である。私の場合、30秒間で苦しく、1分間ではへたばってしまう。これに対してシャドーイングは綴りを考えなくてよいだけ楽だろうと思ったのだが、同書を読むかぎり、シャドーイングとディクテーションとは深い部分で異なる訓練のようである。

まず、聴き取りの過程を「知覚」と「理解」とに分ける。ここでの知覚というのは、聴神経を伝わって脳に入ってきた「音」を操作可能な「声」に変換することをいう。いまひとつの「理解」は、語彙処理・統語処理・意味処理・文脈処理・スキーマ処理を総合的に実行することをいう。

シャドーイングの主な効果は、いま述べた聴き取りの2つの過程のうち「知覚」にかかる認知的負荷をゼロ近くにまで下げることにある。これを「自動化」といって、母語であれば誰でもできている。シャドーイングは、音声知覚の自動化を目的とする訓練である。

知覚にかかる負荷が小さくなれば、そのぶんだけ「理解」のほうに脳の活動を回すことができる。シャドーイングで聴き取り能力が向上するのは、副次的な作用なのだ。語彙処理や統語処理の能力が向上するわけではない。むしろ、そうした高度な処理をするだけの余裕をもたらすための訓練だと考えたほうがよい。

算数にたとえれば、九九を暗算するようなものだ。かけ算の桁数が増えても筆算で楽に計算していけるのは、複数桁のかけ算操作を細かく分解した場合の基本的な部品である九九を、ほとんど計算しているという意識なしに脳内で実行できるからだ。九九を憶えていなければ、3桁のかけ算など実行困難な作業であるに違いない。

知覚だけの訓練だから、シャドーイングでは文章内容を理解している必要はない。聴いた音を「その言語の音声」として知覚し発声するだけである。ここにも私の誤解があった。

理解を伴わないことには利点もある。単語を理解していると、頭に残っている音声に引きずられてしまうことがあるのだ。聴いたままを発声することで、日本語的な発音をunlearnするというオマケが付いてくる。

シャドーイング教材に何を使うか考えてみた。BBC Newsは、残念ながら私の能力では口がついてゆけない。わりといけそうなのは、VOA Special Englishだ。当分のあいだ、これでお稽古しようと思う。

ひとつだけ注意しておくと、シャドーイングはリピーティングではないので、音声を途中で止めてはいけない。途中で音を止めると、そこには理解のプロセスが入ってしまう。壊れたスピーカーのように、ただ聴いたままを追いかけて口にする。

Tags: 言語
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo