トップ 最新 追記

十日日記


2008-02-02

Link ケーブルを買う

MP3再生機としてサムスンのYP-C1Xを2年近く使用している。単三乾電池で動作する点が気に入っていて予備機を買おうとしたのだが、気づいたときには製造停止だった。同社家電部門は日本市場から撤退したので、今後も購入は望めまい。

YP-C1Xの欠点の1つはUSB端子にある。購入前は通常のUSBミニ端子だと思っていたのだが、実際には独自仕様だった。そのためケーブルも専用品で、これが断線すると如何ともしがたい。せめてケーブルだけでも予備を買っておこうと考え、購入方法を日本サムスンに問い合わせたところ、製品名(YP-C1 USBケーブル)と型番(AH39-00731A)を教えてくれた。値段は1本1300円。代引きで直接サムスンから購入することも可能。

代引きで2本注文すると、返事も何もないまま3日後には代引きで荷物が送られてきた。送料・手数料を含めて3570円。仕事が早いのはいいけれど、発送連絡を入れてほしかったなあ。

Tags:

2008-02-08

Link 図形描画言語がほしい

最近、NHKラジオニュースがネットで聴けるのを知り、あらたにすなどのニュースサイトを眺めるかわりに聴いている。この2週間ほど、左目が痙攣する回数が増えてきたので、用心しなくてはならない。

ブログ界隈で、PHPをめぐるn度目の言語論争が起こっていた。私自身はPHPは嫌いではないが、それは言語自体の性質によるものではなく、ヘルプサイトやchmファイルが見やすかったといった環境レベルの話になってくる。文法については、PHPもPerlも好みではない。

実を言うと、命令型より宣言型の言語が好きだ。SQLやMetaPostといった、特定の状況でしか有効ではないが、その状況においては利用者に優しいものが気に入っている。MetaPostはSQLにくらべて有名ではないかもしれない。これは、EPSファイルを生成するための言語である。このEMF版があればよいなあと、ときどき思う。

個人的に欲求しているのは、Visioで描くような簡単な幾何図形をWebブラウザ上で表現するための言語だ。実際の描画にはSVGを利用してもよいと思う。いまのWebには図が足りない。

Tags: 言語

2008-02-09

Link あえてVista Home Basic

HさんのノートPCが故障したというので、新しいものを選定。最近推奨のLenovo 3000 Notebook C200から、8922-C9Jを選ぶ。メモリーを1.5GBに増設して65,800円。格差社会の底辺に位置するノートPCだが、同価格帯の製品の中では頑丈にできているのがLenovoのいいところだ。

ところで8922-C9Jは、OSとしてWindows Vista Home Basic Editionを搭載している。この版はWindows XP Home Editionの後継として売り出されたはずなのだが、我が国ではMedia Center Editionの後継たるHome Premiumが主流となってしまった。しかし私は、PCに見合ったOSをあてがったLenovoを評価したい。

Vista Home Basicとて、描画にDWM(Desktop Window Manager)が使用されないわけではない。Windows Aeroから半透明処理やフリップ3Dを取り除いたVista スタンダードというテーマが標準である。

Windows Aeroを生かすためには、ある程度の性能を有したGPUに加えて、一定品質で表示できる液晶パネルが必要だ。これらは底辺級PCに期待できるものだろうか。Lenovo 3000の液晶パネルはTN方式で疑似24bitカラーだし、チップセットはグラフィック統合型のi945G Expressである。こうした機械に半透明ウィンドウを表示させても、遅い上に見づらいだけの結果に終わりかねない。

Windows Vistaそのものの使い勝手は、とりたてて取り上げることもない。しばらく使っていれば慣れるだろう。問題は安定性だが、こちらも向上しつつあるようだ。SP1になれば、業務に導入しはじめてもよいのではなかろうか。

Tags: PC

2008-02-10

Link 麻酔のはなし

諏訪邦夫『麻酔の科学』(講談社ブルーバックス、1993年)を読んだ。著者にはパソコン関係の著作もあって、私はそちらの方面しか読んだことがなかった。しかし、本来の専門は麻酔学である。たまたま同書を古本屋で見かけたので、奇貨居くべしとばかりに購入した。

著者は昭和天皇の手術に立ち会っており、その様子や経過について触れられている第11章が「さわり」なのかもしれない。それにしても、本書の初刷は1989年1月であり、実にタイミングが悪かった。

麻酔については完全に素人なので、けっこう面白く読めた。たとえば近代麻酔学の初期に発見された笑気(亜酸化窒素)は現役で使用されているとか、希ガスのキセノンはかなり理想的な性質をもった麻酔ガスだが高価なのが欠点だ、云々。さらに驚いたのは、麻酔作用のメカニズムは未だによくわかっていないという点だ。といっても1993年当時なので現在はだいぶ解明されているのかもしれないが、それなら『毛沢東思想のハリ』もありだなあと思ったりした。

麻酔とは関係なく感心したくだりは2カ所ある。1つは、「患者をよく見ろ」という俗説に対する反論を行なうpp.139-141。

“患者をよくみる”とか“患者の言い分をきく”という言葉に、だまされてはいけません。……たしかに、昔の医師は患者をよく観察し、患者の言い分をよくききました。情報源はそれしかなかったからです。レントゲンのなかった時代には、医師は聴診器で音をきき、手でお腹を探るよりほかにできることがなかった、ということです。……

“患者をよくみろ”という医学には、もっと重大な欠陥があります。経験を重んじ、論理や知識に基づかないために、「人に教える」のが困難なことです。……昔の医師は、“患者を10人殺してようやく一人前”などといいました。……しかし、こんなことは現代社会ではとうてい許されません。患者を犠牲にせずに、学生や若い医師に短い期間で医療を教えるには、医学が経験ではなく、正確な知識に基づいた学問として、がっちりと論理的に構成されたものにならなくてはなりません。

もう1カ所は、著者が教育用のシミュレーションプログラムを作成したというpp.118-119にかけて。

プログラムを制作する過程で重要な発見がありました。それは、この種のプログラムは「作る」よりも、それを「使えるものにする」のが大変で、そこに時間もエネルギーも必要だということです。具体的にいうと、プログラムを制作していちおう動くようにするのに要した期間は2カ月足らずでしたが、それを改良し満足できるものにまで完成するには1年以上かかったのです。しかも、この改良は私個人の努力では不可能で、実際に学生や若い医師が使用して、批評してくれたり注文をつけてくれたりして初めて可能だったことです。

著者はPC-9801愛好家だったと記憶しているから、おそらくN88 BASICあたりで作成したのだろう。この経験は、パソコン関係の著作に生きている。

Tags:

2008-02-11

Link スライド式の電子辞書は可能か

オックスフォード現代英英辞典 Kさんが電子辞書を買っていて、私もかなり購買意欲をそそられたのだが、ぐっと我慢してOALD7を買った。oald7-fpwを使って付属CD-ROMのデータをEPWING化しておく。

自分自身の電子辞書の利用シーンを思い浮かべてみると、机上で使用することは少ない。そのような場合にはパソコンを利用するほうが便利だからだ。机に向かって読むような洋書は専門書がほとんどで、その際には辞典類は大して必要にならない。

気になったらすぐに字引を繰ってみる質なので、電子辞書を鞄から取り出すなり両手で持って操作することが多い。ちょうど任天堂のDS(ダブルスクリーンの略だったのか!)を持つような感じだと思う。実際にはDSを持ったことがないのでわからないが。

電子辞書の形状は、名刺サイズの小さなものを除けばほとんどが折り畳み式になっている。しかし折り畳み式は蝶番に構造的な弱点があるし、使いはじめるときに蓋を開くのが煩わしい。携帯電話についても同じことがいえ、だから私はストレート型のものしか所有してこなかった。

15年前に初めて買った電子辞書はソニー製の電子ブック(EB)リーダーで、先に倣って任天堂の製品にたとえるならゲームボーイを一回り大きくしたような形だった。いまはもっと小型化できるだろう。ストレート型の――あるいはスマートフォンのようなスライド式の電子辞書があればよいと思う。残念ながら、我が国におけるタブレット端末の現状を見ると夢物語で終わりそうだ。

Tags:

2008-02-12

Link AsymptoteをpTeX W32環境で使用(その1)

先日MetaPostにWikipediaへのリンクを張ったついでに記事を読んでみたら、新たな発見が2点あった。小さなほうは、現在MetaPostの開発はフランスで行なわれているという点。MetaPost関係のサイトがフランスで充実している(たとえばSyracuse)ことが数年来の謎だったので、ようやく事情が理解できた。

もうひとつは、次のくだりで紹介されているAsymptoteについて。

MetaPost does not support all features of PostScript. Most notably, paths can have only one segment (so that regions are simply connected), and regions only be filled with uniform colours. PostScript level 1 supports tiled patterns and PostScript 3 supports Gouraud shading. To this end, the Asymptote graphics language has been developed to address these shortcomings.

驚くべきことに、AoPSWikiでAsymptote記法が埋め込めるようになっている。サーバー側でPNG画像に変換して表示させる方式ではあるが、画像をクリックするとソースが表示されるので、書き方がただちに確認できる。

そういうわけで、AsymptoteのWindows版をインストールしてみた。アイコンも関連づけられていて、「.asy」ファイルをダブルクリックすればEPSファイルに変換し、GSViewで開いてくれるようになっている。beginfigやendfigが必要ないなど、MetaPostよりも簡略化できる部分は簡略化しているようだ。

さて、問題はいつものとおり文字である。和文が埋め込めるだろうか。Asymptoteでは、labelという書式で文字を入れた場合、LaTeX→dvipsという処理を通した上でEPS化するようになっている。ソースを見てみたら、クラスファイルの記述はtexfile.hにハードコーディングされていた。

asymptoteメモ」に「日本語は通らない」とあるとおり、ダメなのだろうか。実は方法はあるのだが、もう眠たくて書けない。

Tags: PC
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

Link kHPWHuK [ dosage of ultram - order ultram online]


2008-02-13

Link AsymptoteをpTeX W32環境で使用(その2)

MetaPostの後継を目指すベクトル画像記述言語「Asysmptote」を、pTeX W32環境で使用する話のつづき。

labelで日本語を埋め込む方法として公式に推奨されているのは、The CJK package for LaTeXを用いることだ。それが何なのかはTeX Wikiの記事を参照。CJK Packageでは高度な日本語組版は不可能だが、labelとしての使用は文字列の配置にすぎないので問題ない。

作業の前に方針と目標とを決める。同パッケージで日本語を使用するにあたっては、EUC-JP、SJIS、UTF-8の3通りのエンコーディングが選べる。ここではUTF-8を選択する。WindowsではSJISのほうが書きやすいことは事実だが、エスケープ文字の問題を回避するために前処理が増えてしまう。

目標は、次のサンプルを通すこと。以下のファイルをtest-cjk.asyとして保存する。

texpreamble("\usepackage{CJK}
\AtBeginDocument{\begin{CJK}{UTF8}{}}
\AtEndDocument{\clearpage\end{CJK}}");

unitsize(1cm);
draw(unitsquare);
label("坤", (0,0), SW);
label("巽", (1,0), SE);
label("艮", (0,1), NW);
label("乾", (1,1), NE);

これが通った暁には、1辺が1cmの正方形の各頂点に文字が入ったEPSファイルができあがるはずである。

作業開始。まず、上記のサイトから、cjk-4.7.0.tar.gz(Version 4.7.0)をダウンロードする。解凍するとtexinputというディレクトリがあるので、texinputをCJKと名前変更して、$TEXMF-LOCAL/tex/latex/にコピーする。teTeXでは複数のTEXMFツリーが使えるので、texmfはデフォルトのまま残しておくほうがよいと思う。

この段階でtest-ckj.asyをダブルクリックすると、次のエラーが表示されて処理が止まる。まだTFMファイルを準備していないのだから当然だ。

kpathsea: Running mktextfm cyberb57
kpathsea: Running mktexmf cyberb57.mf
name = cyberb57, rootname = cyberb, pointsize = 57
mktexmf: empty or non-existent rootfile!
Cannot find cyberb57.mf.
kpathsea: Appending font creation commands to missfont.log.
C:\Program Files\Asymptote/plain_Label.asy: 280.15: runtime: (c:/usr/local/share/texmf-local/tex/latex/cjk/utf8/c70song.fd)
! Font C70/song/m/n/12/57=cyberb57 at 12.0pt not loadable: Metric (TFM) file not found.

CJKパッケージでは、デフォルトでsongというフォントファミリーが使用される。さらにエンコーディングとしてUTF-8を選択すると、TFM側の呼称でC70というエンコーディングが選ばれる。そこでc70song.fdというファイルを見てみる。

\DeclareFontShape{C70}{song}{m}{n}{<-> CJK * cyberb}{}
\DeclareFontShape{C70}{song}{bx}{n}{<-> CJKb * cyberb}{\CJKbold}

cyberbはBitstream Cyberbitのことらしい。Japanese Unicode Fontsのリンク先からダウンロードしてzipファイルを解凍すると、「Cyberbit.ttf」というファイルが得られる。これを、$TEXMF-LOCAL/fonts/truetype/cyberb/以下にコピーする。

次に、このTrueTypeフォント用のTFMファイルを生成する。

c:
cd c:/usr/local/share/texmf-local/tfm
mkdir bitstrea
cd bitstrea
ttf2tfm c:/usr/local/share/texmf-local/fonts/truetype/cyberb/cyberbit.ttf cyberb@Unicode@
mktexlsr

完成図最後の行のmktexlsrは、LS-Rファイルを利用している場合のみ。ほかにもすることがあったような気もするけれど(dvipsで通すためのupdmapを実行したかどうか記憶が定かでない)、忘れてしまった。とりあえず、右のような結果が得られる。

課題1。Cyberitの書体としての出来が微妙なことについて。IPA明朝やMS明朝など、別の書体を使えばよい。方法はTeX Wikiの記事などを参照。

課題2。EPSファイルに埋め込まれる書体がType3のビットマップである件。dvipsはTrueTypeフォントを埋め込むことは不可能だ。だから、TrueTypeフォントをType1フォントに変換すれば理論的には埋め込み可能。ただし、その場合フォント名が変わるので、Illustratorで開くと「フォントが違う」などと言われるだろう。

EPSファイルではなくPDFファイルを作ることにしたらどうか。まず、TeXエンジンにLaTeXではなくpdfLaTeXを使う。このpdfLaTeX(W32)は角藤先生が拡張したバージョンで、マニュアル(PDFファイル)にあるとおり和文TrueTypeフォントが直接埋め込めるのだ。

先ほどのテストファイルに、次の行を追加しよう。

\AtBeginDocument{\pdfmapline{=cyberb@Unicode@ <cyberbit.ttf}}

試しに、コマンドプロンプトで次のように打ってみる。

"c:\Program Files\Asymptote\asy.exe" -tex pdflatex -f pdf test-cjk.asy

PDFViewerを定義しろなどと怒られるものの、作業自体は正常に終了する。そして、ちゃんとTrueTypeフォントが埋め込まれたPDFファイルが確認できるはずだ。

この方法には問題もある。サブフォントを使って埋め込まれるため、Illustratorで開くと「フォントが見つからない」と言われた上に文字化けする。また、ttcファイルへのアクセスもできない。

以下に参考Webサイトを掲げる。ともかく3週間ぶりの休日は、このようにして費やされたのだった。

Tags: PC
本日のツッコミ(全4件) [ツッコミを入れる]

Before...

Link Dochurircuica [Most shoe lifts insoles range in height from 1 to two and ..]

Link XRumerTest [Hello. And Bye.]

Link ZTTiAvX [ ultram habit forming - buy ultram online without rx]


2008-02-17

Link 最近買ったもの

YouTubeで麻丘めぐみの「砂に消えた涙」を聴いた。若干フラット気味ではあるが、とてもよい。歌声は加齢によって変化するものなのか、年を経て声が衰える人もいれば、かえってよくなる人もいる。太田裕美なんて、最近の声のほうが私は好きだなあ。

BBC193A 猫の手も借りたいが猫はキーボードが叩けないので、指の部分に穴を開けた手袋をはめて手がかじかむのを防ぎつつ打鍵する昨今である。安直に、最近買ったものを何点か紹介したい。

両親用に買ったCDラジオがある。もはやカセットデッキは使用しないので、あえて付いていないものを選んだ。クマザキエイム社のBBC193Aという製品だが、箱を梱包して説明書を読んで驚愕した。恐るべきことに、50Hz/60Hz切替式なのだ。この製品は時刻表示が大きい点が魅力なのだが、不使用時には電源コードを抜くため、せっかくの能力は生かされていないようである。

ごきぶりポーカー デジカメも新調した。それまで使っていた松下DMS-LZ2に不満はないものの、母がわりと使うので寄贈する。かわりに購入したのはニコンのCOOLPIX L15である。以前から変わらぬ購入基準は、(1)単三乾電池が使用でき、(2)手ぶれ補正がついており、(3)SDカードに保存する――という3条件を満たしつつ価格が最も低いもの。たまたまL15が16,000円弱だったので、それにした。小さいのはよいが、SDカードを取り出すのに電池蓋を開けなければならないのが煩わしい。

あとは何だろう。Yahoo!ゆうパックは送り状を手書きしなくてよくて便利だとか、Amazon.comは最近日本円での支払いにも対応したがドルで払うよりも割高だとか、「ごきぶりポーカー」はけっこうおもしろいとか。

Tags:

2008-02-18

Link 瞬発力の問題

Asymptoteでの日本語の使用を検討する際には、主に英国のWebページやニューズグループを参考にさせてもらった。その際、日本語環境に関する情報が少し古いものがある。たとえば今ではIPA明朝やIPAゴシックが容易に入手できるが、その情報がなかったりする。

こうしたときに著者に連絡するのが親切だとは思うのだが、英文を書く億劫さに尻込みしてしまい、結局はやり過ごすことが多い。以前から「やらずぼったくり」のような気がして、非常に気術ない思いをしてきた。日本語であれば原稿用紙5枚くらいは急げば10分〜15分で書けるが、英語では250ワード書くのに難儀してしまう。

英語学習に関するサイトの中で感銘を受けたものがある。それは「英語上達完全マップ」というもので、特に瞬間英作文を薦める項は身にしみるものだった。これは、出力を滞りなくするため、英語のシンボル操作に特化した訓練だ。瞬発力を養う稽古だと言ってもいい。1文を作るのに1分もかけていては遅すぎるのである。

英作文の栞 著者は瞬間英作文の第1ステージとして、中学英語の例文集を薦めている。使用されている単語が容易なため、目的の技能を訓練しやすいからだ。ただし困ったことに、現行課程の中学英語では文法事項が完結しない。そこで、隠れた名著と言われている『英作文の栞』(山口書店)を使うことにした。

「はしがき」にあるとおり、この小冊子は「中学校のリーダーを中心に高校初級学年に必要と思われるものを加えて、基本例文を集め」たものだ。初版が1964年、改訂版が1975年なので、ちゃんと仮定法までの文法事項が網羅されている。アマゾンには「簡単すぎる」という批判も挙がっているのだが、上記目的のためには適当な水準だろう。

この本の魅力は、小さく(文庫)薄く(98p)安い(320円)点にある。英文の一部は、古いというか不自然に感じるものもある。いま見てきた中では、「a white and black cat」(p.2)は色の語順が逆だし、「In London people call subway the tube.」(p.6)のsubwayが無冠詞なのも気にかかる。しかしまあ、そうした点は修正しつつ使えばよい。

Tags: 言語

2008-02-19

Link 公立高校入試英語の偏向

各都道府県の公立高校の英語入試問題を見ているのだが、ほんとうに驚くほど画一的な主題選択である。頻出するテーマのひとつは自然環境保護のため西川きよし流に「小さなことからコツコツと」という話、もうひとつは浴衣・折り紙・風呂敷といった日本的な風物に外人がオリエンタリズムを発露する話。これらが混ざると「mottainai」運動となる。

表現力重視とやらで、「地球のためにできること」とか「身近な日本文化の紹介」といった下らないテーマでもって、しかも「3文」限定の英作文をする。

中学生当時はスレスレの部分で勝負するのが好きで、共産党市制のころに実施されていた「平和」作文では湾岸戦争における米国陸軍の上陸作戦について書いたりしていた。もちろん足を踏み外すこともあり、大阪弁で通して書いた和訳が全部バツにされたこともある。

そういう茶目っ気のある中学生は現代でもいるはずなので、まさに日本的な文化である「村八分」について紹介した3文からなる英作文を下に記しておこう。

About Japanes Cultures
(日本文化について)

Murahachibu is the nicest traditional custom that I have ever met in Japan.
(村八分は、私が日本で見た最も素敵な慣習です。)

When paticular persons in a group are convicted of violation of their rules, all the other members never get along with them except in the event of a fire or a funeral.
(集団内の特定の人たちが規則違反の咎めを受けると、集団の他の人びとは火事・葬式の際を除いて彼らと一切交際しません。)

I am very fond of this custom because it has helped us greatly reinforce our spirit of unity, which is considered as one of the most important virtues in Japan.
(私はこの慣習が大好きです。なぜならこの慣習は和の精神を高めるのに役立つからです。和の精神は、日本において最重要の徳目と考えられています。)

Tags:

2008-02-20

Link ドメイン移管

レンタルサーバーにはさくらインターネットのライトプラン(年額1500円)を、ドメイン管理にはWADAX(年額1260円)を使用してきた。WADAXには大きな不満もないのだが、さくらにドメイン管理も任せて支払先を統一することにした。

個人的に所有しているドメインは.ORGなので、移管に際してはAuthCodeなるものが必要になる。WADAXの管理メニューにはAuthCodeが見当たらないので戸惑っていたのだが、サポートに依頼するものらしい。2日ほどで発行してもらい、今度はさくらで移管手続きを行なう。そして昨日、手続きが完了した旨のメールが届いた。

Tags: PC

2008-02-23

Link ATOK 2008

安定した資金獲得のためかATOKは毎年更新されるが、私は数年に1度のペースで更新に付き合うことにしている。今年はATOK 2008に更新した。それまで使っていたATOK 17はIE 7との折り合いが悪く、検索窓に入力する文字の描画が崩れたりしたことがあったのだが、今のところそうした症状も見られず、順調に使用できている。

新機能の中で確実に便利だと思ったのは「次候補連動変換」機能だが、この機能は他社製IMEにはずいぶん前から存在していたような気がしなくもない。錯覚だろうか。

親指シフト(NICOLA)入力を行なう方のために補足しておくと、親指ひゅんQ 4.35は問題なく使用できた。(4.33では確定アンドゥが確定リピートになってしまう。)そういえば、親指シフト用のソフトが出ないかぎり、私はクライアントのWindows 64bit環境には移行できない。

Tags: PC

2008-02-26

Link 新しい携帯電話

ツーカーホンが3月末で停波する。私はツーカー(現在はauに吸収)のプリケーロングというサービスを利用してきた。これはツーカー関西だけが提供していて、3000円のカードの有効期限が360日間になる。月250円ほどの基本料になる計算で、電話をほとんど使わない人間にとって最安の選択だった。

プリケーロングからの移行先については悩んだ。auは15日おきに案内を郵送してきたり電話をかけてきたりして気分を害したのだが、とりあえずauぷりペイドに移行する。プリケーロング使用者にはそれなりの報いがあって、あと1年間は無料で使えるらしい。初回カード登録時の有効期限が365日になり、さらに5000円分のカードをもらった。

新端末は選択の余地が2機種しかなく、いずれも折り畳み式だ。観念してA5529Tを選ぶ。連続待ち受け時間が、移行前の510時間(TT41)から310時間へと4割減っている。毎週充電する必要があるのだが、仕方がない。

Tags:

2008-02-27

Link 死因いろいろ

『英作文の栞』を読んでいて、不覚にも笑ってしまった例文があった。

571. He was starved(burnt, frozen, drowned, choked, poisoned, hanged) to death.
571. 彼は餓死(焼死・凍死・溺死・窒息死・中毒死・縊死)した。

よくもこれだけ死因を並べ立てたものだ。付け加えるなら圧死(crushed)くらいか。撃たれて死ぬ(shooted to death)のは、「〜死」とは言いがたい。感電死・爆死・ショック死は「〜死」で終わるがto deathの形にしにくい。いや、She was shocked half to death.くらいなら言えるか。

この小冊子の例文が中学英語教科書から採られたものであることは、同じ話題が分散して載っていることから窺い知ることができる。人物で例を挙げると、ジョン万次郎やフランクリン、ナイチンゲール、キュリー夫人に関連する文が、本文に散在している。どの文とどの文とが同じ出典なのかを考えたりするという、いささかマニアックな楽しみ方もできる。

226. How tall is Betty? --She is five feet two inches tall.

は、あの『Jack and Betty』だろうか。

致命的にまずい例文もある。

347. She became the first Negro singer that ever appeared with the Metropolitan Opera Company.

このsheはたぶんレオンタイン・プライスだろうが、Negroはないだろう。2004年に刷り直している(27刷)のだから、そのときにでも修正しておくべきだった。

Tags: 言語


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo