トップ «前の日記(2008-05-22) 最新 次の日記(2008-05-24)» 編集

十日日記


2008-05-23

Link ウェブ知識のブラッシュアップ本

最近見かけた割とまともなWeb制作入門系の本」という記事(あーありがち)を読んでいて、

HTML だけとか HTML + CSS だけとかを扱う本は多いが、それだけでは当然 Web の作り手としての知識には十分でない。なのにこういう本が少ないのはとても不思議。

という記述に膝を打った。たしかにその通りで、数年前にMovable Typeを利用した某サイトの制作を外注したとき、メニューの画像形式がすべてJPEGになっていたのには驚かされた。JPEGの原理はともかく、画像形式の向き・不向きくらいはプロなら当然把握していると思っていたからだ。

私自身がこうした知識をどのようにして得たのか振り返ってみれば、体系的なものはシーゲル『Webサイト・デザイン』(日経BP社、1997年)だった。当時はテーブル全盛、GIF全盛、216色への減色推奨といった時代で、十年は一昔といった感慨がある。ちなみにシーゲルはスタンフォード出身で、クヌースのもとでMetafontの開発に参加し、Eulerフォントをプログラミングしている。TektonやZapfinoの開発も手がけたそうだ。

XHTML+CSS虎の巻 Web制作入門書は前述のブログで紹介されているので、ここではむしろ、90年代にWeb制作の基本を身につけたもののXHTMLやCSSに乗り遅れてしまった人たちに最適な書籍を紹介したい。今年の初めにジュンク堂で見つけて購入し、ぜひ紹介したい思ったまま忘れていた。その書は大藤幹『XHTML+CSS虎の巻』(マイコミ、2007年)という。

本書は、XHTML+CSSを扱う上でのコツを231ページにまとめたコンパクトな書籍だ。この短さがよい。章立てはガイドライン、ハウ・トゥ、Q&A、トラブルシューティングの4章立てで、戦略と戦術、原則と例外とが切り分けられており、わかりやすい。「○○のテクニックは数年前には流行しかけたが今は廃れた」など、2007年半ば時点(IE7まで動作確認対象に含まれる)での最新のトリックも含めて解説された上質の本だ。

Tags:
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo