トップ «前の日記(2008-06-18) 最新 次の日記(2008-06-20)» 編集

十日日記


2008-06-19

Link 物理にあてられる

ランダウ=リフシッツ物理学小教程 新古書店でばかり本を買っていると著作権者に悪い気がするので、たまには新刊書店に足を運んでみる。文庫本売り場で目に止まったのは、ちくま学芸文庫が積極的に理科的な文書の文庫化に取り組んでいたことだ。ランダウ=リフシッツ『物理学小教程』を見たときには本当に驚いた。ちくま学芸文庫は日本のDoverを目指しているのだろうか。

物理法則はいかにして発見されたか ランダウ=リフシッツを電車の中で読めるほどの頭は持ち合わせていないので購入は諦めたが、ちょっとあてられてしまったので、ファインマンの講演録である『物理法則はいかにして発見されたか』(岩波現代文庫)を手にする。ざっと一読しただけだが、著者らしい軽妙な語り口が味わえる。

1本目の講演の第2話において、ファインマンは数学学習の方法を2通り紹介していて、それぞれギリシア式、バビロニア式と呼んでいる。前者は体系的とか演繹的などと言い換えてもいいだろうし、後者は泥縄式とか帰納的などと言ってもよい。物理ではバビロニア式に行くのがいいというのがファインマンの主張だ。「ユークリッド式が困るのは、公理のほうが他のことよりも興味深くて重要であるという印象を与えがちだからです」(p.67)。

著者の誠実さは、物理が誰でもわかるとか、数学なしで済ませるとか、そういったごまかしを行なわないことだ。

数学の深い理解なしにでも自然法則の美しさを肌身に感じとっていただけるようにお話しができたら本当によいのですが、それが不可能であるということばかり強調する結果になるのが、この講義の辛いところです(p.55)。

物理学者が数学以外の言葉に改宗できるとよいのですが、それはできません。自然について学び、自然を理解し鑑賞したいとおっしゃるならば、自然が話す言葉を聞き分ける必要があります。自然が秘密をもらす形式は決まっているのです。こちらが敬意をはらうより先に自然のほうで態度を変えろと要求するほど、私ども傲慢ではありません(p.84)。

Tags:
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo