トップ 最新 追記

十日日記


2010-01-01

Link Dimension 3100Cに手を入れる

自宅にDell Dimension 3100Cという据置型のPCがある。相方が5年前から使っている機械で、かなりガタがきている。光学ドライブとハードディスクドライブとは、一度故障して新しいものに置き換わっている。

そのPCの動作が遅い上に騒音がひどいという。たしかに、軽作業にもかかわらずファンが全速力で回っており、相当うるさい。このPCは国内限定発売のBTX仕様で、前面の吸気ファンがCPUファンを兼ねている。見てみると綿埃が層をなし、吸気網が見えなくなっていた。満足に吸気できないのでファンがフル回転し、それでもなお冷却できないため強制的に周波数を落とすのだろう。BTX機は前面吸気ファンの外側をプラスチックのカバーで覆っているため、掃除がしにくい。綿棒で埃を掻き出しつつ、掃除機で吸う。これで音の問題は解消された。

次に動作速度に目を向ける。本機の搭載CPUはCeleron D 2.66GHzである。NetBurstの現役時代には忌避して関心がAMDに向いていたため、Pentium 4もCeleronも応答速度に大差はないと思っていた。しかし実際に触ってみると、この両者には体感上の差を認めざるをえない。Pentium 4も2.8GHzから3.0GHzあたりになると、Windows XPでは満足のいく応答速度を示す。

Dimension 3100CはCPUの選択肢としてCeleron D 331(2.66GHz)のほかにPentium 4 630/640/650(それぞれ3.0/3.2/3.4GHz)が用意されている。ソフマップ.comで中古CPUコーナーをのぞき、Pentium 4 640を1,980円で購入――と思っていたら、実際に購入していたのはPentium 4 540Jだった。640にくらべてL2キャッシュが半分の1MBとなるが、それでもCeleron D(256KB)の4倍あるのでよしとする。

Tags: PC

2010-01-07

Link マジカカンファレンス2009

昨年の11月9日、錦糸町で開かれたマジカカンファレンス2009レポート)に私も参加していた。遅きに失したが感想を控えておく。なお、マジカとは業務を可視化するためのカード群である。フローチャートよりも親しみやすく、業務担当者が自分で描けるように作ってある。

最も印象的だったのは、福岡県大野城市役所の職員の方だ。保険・福祉業務412業務すべてをマジカで可視化し、業務を再構築した経緯を語ってくださった。保険・福祉業務は典型的な縦割り行政だ。部署ごとに担当者がいて同じような仕事をし、利用者は窓口をたらい回しされる。マジカを使って1年がかりで可視化した同市は、たとえば窓口事務なら相談→受付→入力→報告→決定→印刷→発送というように機能ごとにグループ化して外注や事務共通化を進めた。結果、利用者は「福祉相談総合窓口」という窓口1本で済むようになり、また同市は人口あたりの職員数で全国最少を達成している。

もうひとつ印象的だったのは、この方から出てくるExcelという単語の頻度の高さだ。おそらくマジカよりも多かった。マジカはほんらい紙のカードなのだが、同市ではExcelで管理している。また、福祉データ台帳管理システムも入出力部分はExcelであった。業務の一覧表はもちろんExcelである。業務の現場においてExcelがいかに重宝されているかがわかる。

Tags:

2010-01-14

Link Windows PowerShell 2.0のセミナーに参加する

2009年11月30日、新宿のマイクロソフト本社で催されたTechFieldersセミナーに参加してきた。題名は「Windows PowerShell 2.0 によるWindows Serverの管理」で、Windows Server 2008 R2でWindows PowerShellがバージョン2.0に更新されたのを機に、活用促進を図るものらしい。実はTechFieldersの存在に気づいていなかったので、Nさんに誘われないかぎり知らないままだったろう。

今回のセミナーは題名のとおり、サーバー管理にPowerShellをいかに利用するか、という話だった。現行のマイクロソフト製品は、CLIでの管理を重視しているそうだ。たとえばWinodows Server 2008 R2の役割機能管理では、スクリプトをまず作成し、そこにGUIをかぶせていく制作形式をとっている。私自身はPowerShellを好んで使ってはいるものの、主に電卓代わりにすぎない。もう少し精進せねばと反省した。

Tags:

2010-01-15

Link 欧州と文字コード

テキストファイルのうちWebがらみのものは文字コードをUTF-8にすることが多いのだが、日誌や備忘録などはShift_JISのままだ。一時は過去のテキストファイルをUTF-8に統一しようと思い立ったこともあるのだが、特に利益がないことに気がつき放棄してしまった。おそらく、今後もShift_JISとUTF-8とをローカル用・グローバル用と使い分けつつ存続させるのだろうと思う。

文字コードを使い分ける状況は非欧州圏に特有なものだと漠然と思い込んでいたのだが、西欧だって英米を除けばASCIIだけでは済まない。西欧でもLatin-1とUTF-8とを使い分けているのだろう。いま欧州人がテキストファイルを作るとき、文字コードは何にしているのだろうか。

Tags:

2010-01-17

Link 消耗品だと思うようになったもの

MOONGIFTの記事経由でInSSIDerという無線ネットワークスキャナーを知った。自宅周辺の11b/g(2.4GHz帯)の混雑ぶりが、これを使うとよくわかる。

2.4GHz帯のチャネル使用状況

その一方で11a(5GHz帯)はガラガラだ。

5GHz帯のチャネル使用状況

ところで、一定規模以上の組織全体のネットワークを管理するようになると、それまで耐久消費財だと思っていたものの認識を改める機会がある。たとえばメモリーの故障には、頻度こそ低いものの年に数回お目にかかる。似たようなものではスイッチングハブもそうだ。経験上、こちらも年に2〜3回故障に出会う。最近はスイッチも消耗品と割り切り、設置年月日を油性マジックで筐体に書き込むようにしている。

Tags: Admin

2010-01-19

Link AS/400のファイル記述をADOで得る

ExcelからAS/400にデータ接続してファイル(テーブル)のデータを得るとき、列見出しがフィールド名になるのが以前から不満だった。AS/400ではフィールド名の長さを英数大文字6文字に押さえる慣習があり、見慣れないフィールドは正体がわからなくなる。AS/400にはフィールド名のほかに「フィールドテキスト記述」という項目もあって、こちらは日本語が使用可能になっている。列見出しをフィールド名ではなくテキスト記述で得たいと思うのは自然な心情だ。

タイトル ADOやDAOを使ってファイル記述が得る方法を探るため、『The i5/OS And Microsoft Office Integration Handbook』という書籍も買ってみた。だが残念ながら、p.95を読むかぎりでは手で直すような雰囲気だった。フィールドの数が100近くあるときに、そんな面倒なことはできない。(なお、同書を通じてIBMDA400・IBMDASQL・IBMDARLAという3つのADOプロバイダーの使い分けを知ったので、役に立たなかったわけではない。)

決め手になったのは、iSeries Access for Windowsに付属するProgrammer's Tool Kitに含まれていたヘルプ(OLE DB テクニカル・リファレンス)の記載だった。

iSeries ファイルの特定フィールドの詳細については、ファイル・フィールド記述の表示(DSPFFD)CLコマンドを使用してください。

いったんCLでファイルに出力して、それを得るという2段構えでないとファイル記述は取得できないようだ。せっかくなのでVBScriptのコード片を以下に記しておく。一読してわかるようにMain()のみにしてエラー処理も省いたので、そのままでは使い物にならないと思う。

' 2010-01-19 na@10days.org
' AS/400からADOでファイル定義を得て
' デスクトップにout.txtとしてTSVファイルを
' 出力するサンプルVBScriptソース

Option Explicit

Const TGTLIBFILE  = "LIBRARY/FILENAME"' ライブラリ/ファイル名を記載
Const TMPLIBFILE  = "TMPLIB/FILENAME" ' 中間ファイル。QTEMP不可
Const ASIPADDR    = "192.168.x.x"     ' AS/400のIPアドレス
Const ASUSR       = "USERNAME"        ' AS/400のユーザー名
Const ASPWD       = "PASSWORD"        ' AS/400のパスワード
Const PFONLY      = True              ' 物理ファイルのみ出力
Const TXTFILENAME = "out.txt"         ' 出力テキストファイル名

' 出力するフィールド情報の指定
Dim dFlds
Set dFlds = CreateObject("Scripting.Dictionary")
dFlds.Add "WHFILE" , "ファイル"
dFlds.Add "WHLIB"  , "ライブラリ"
dFlds.Add "WHFTYP" , "タイプ" ' P=物理, L=論理, D=装置
dFlds.Add "WHFLDI" , "内部フィールド名"
dFlds.Add "WHFLDT" , "フィールドタイプ"
dFlds.Add "WHFLDB" , "フィールド長"
dFlds.Add "WHFLDD" , "桁数"
dFlds.Add "WHFLDP" , "小数桁数"
dFlds.Add "WHFTXT" , "記述"

' ADO定数
Const adCmdText = &H0001
Const adOpenStatic = 3
Const adLockOptimistic = 3
Const adClipString = 2
' FSO定数
Const ForWriting = 2

' AS/400に接続
Dim cn: Set cn = CreateObject("ADODB.Connection")
Dim scn
scn = "Provider=IBMDA400;"
scn = scn & "Data source=" & ASIPADDR & ";"
scn = scn & "User ID=" & ASUSR & ";"
scn = scn & "Password=" & ASPWD & ";"
cn.Open scn

' CLコマンドを実行して中間ファイルを出力
Dim sCLOutFile
sCLOutFile = "{{DSPFFD FILE(__TGTLIBFILE__) OUTPUT(*OUTFILE) OUTFILE(__TMPLIBFILE__)}}"
sCLOutFile = Replace(sCLOutFile, "__TGTLIBFILE__", TGTLIBFILE)
sCLOutFile = Replace(sCLOutFile, "__TMPLIBFILE__", TMPLIBFILE)
cn.Execute sCLOutFile, adCmdText

' 中間ファイルを取得
Dim rs: Set rs = CreateObject("ADODB.Recordset")
Dim sSQL
sSQL = "SELECT " & Join(dFlds.Keys, ",") & " FROM " & Replace(TMPLIBFILE, "/", ".")
If PFONLY Then
	sSQL = sSQL & " WHERE WHFTYP = 'P'"
End If
rs.Open sSQL, cn, adOpenStatic, adLockOptimistic

' TSVファイルのデータを作成
Dim vData
vData = Join(dFlds.Items, vbTab) & VbCrlf
vData = vData & rs.GetString(adClipString, ,vbTab , vbCrlf)

' デスクトップに出力
Dim shell: Set shell = CreateObject("WScript.Shell")
Dim sFilePath
sFilePath = shell.SpecialFolders("Desktop") & "\" & TXTFILENAME
Dim fs: Set fs = CreateObject("Scripting.FileSystemObject")
Dim fw: Set fw = fs.OpenTextFile(sFilePath, ForWriting, True)
fw.Write vData
fw.Close: Set fw = Nothing
Set fs = Nothing

' 接続解除
rs.Close: Set rs = Nothing
cn.Close: Set cn = Nothing
Tags: Dev Excel
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

Link とおりすがり [オープン系DBで言うところの「データディクショナリ」が以下に用意されています。便利ですよ。 select * fro..]

Link na [これは便利です。ありがとうございます。 ブログを書いていてよかったと思いました。]


2010-01-20

Link スクロールリング付きトラックボールを試す

OrbitTrackball with Scroll Ring 
72337 Kensingtonの傑作トラックボールOrbitにスクロールリングが付いた(OrbitTrackball with Scroll Ring 72337)。これは試さなくてはなるまいと息巻き、さっそくAmazonで購入した。

スクロールリングの使い勝手はかなりよい。上下運動を回転運動に変換する機構は、初代のiPodを思い起こさせる。付属品のパームレストは巷では付けたほうが使いやすいとのことだったが、取り外したほうが使いやすいと私は感じた。

唯一かつ最大の難点はボタンにある。Orbit Opticalは安っぽいスイッチだったが、今回のは安っぽい上に重い。安価なFM/Vで日本電気に攻勢をかけていた90年代後半の富士通のマウスがそれに近い。スイッチを押す感覚がパコッというものだ。親指が疲れるので、この種のボタンは苦手だ。

まとめると、この機種はボタンの押し心地が許せるかどうかがすべてだと思う。この点が「予告なく改良され」ればすばらしいのだが。

Tags: PC
本日のツッコミ(全1件) [ツッコミを入れる]

Link TM-150使い [人工皮革をはるとよい.]


2010-01-24

Link 次の家庭用複合機

家庭用プリンター複合機の中には、無線LAN子機を搭載したものが出ている。私が自宅で使っているブラザーのものもそうだ。無線LAN搭載の利点は設置の自由度が増すことだが、複合機に関しては十分には実現できていない。電源は仕方がないとして、電話線が有線だからだ。

次の家庭用複合機が実現すべき機能は、電話線の無線化だろうと思う。手っ取り早いのは、SIPクライアント機能を搭載することだ。NTT東西のひかり電話は同プロトコルを使用しているので、適切なSIPクライアントがあればPCやPDAでも内線電話にすることができる。iPhoneを子機にした例もある。

Tags: PC

2010-01-26

Link メイリオで○と×

メイリオで○と×Word文書の標準書体にはメイリオを使っている。いくつか残念なところがあって、そのうちの1つは約物だ。たとえば長所・短所を記すのに「○」「×」の記号を使うとき、○と×とで文字幅がそろわない。○は全角として扱われているのだが、×は乗算記号扱いになっている。そして、文字幅が詰められているのだ。

この問題はUNIXの端末エミュレーターではユニコードの「曖昧な文字幅」問題として知られてきたものだと思う。○も×も属性としては「A」なのだが、マイクロソフトの判断で前者は全角として、後者は半角として扱われているようだ。

Tags: PC

2010-01-28

Link 諭吉の建前

箕谷千凰彦『回帰分析のはなし』(東京図書、1985年)を読んでいたら、福沢諭吉がゴルトンを日本に紹介したという記述ののちに、次の文が引かれている(p.315)のを見かけた。

元来、教育の主義に於ては、人の天賦を平等一様のものなりと視做して、其の能力の発達は教ゆる者の巧拙と、学ぶ者の勤惰如何とに在るものとして奨励することなれども、是は所謂誘導の方便なるものにして、実際に於て人の能力は天賦に存するを常とす。

『学問ノススメ』は建前か。身も蓋もないなあ。

Tags:
本日のツッコミ(全2件) [ツッコミを入れる]

Link H2O [はじめまして 『MacOSXにてDVD-RAMに書き込めない』という検索でネット上を流れ流れてここへたどり着きました..]

Link na [現在Macを使っていませんので、 残念ながらわかりません。 あしからずご了承ください。]



プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo