トップ «前の日記(2010-07-10) 最新 次の日記(2010-07-17)» 編集

十日日記


2010-07-12

Link リベルタッチ・やまぶきR・親指の友

Libertouch Black Microsoft ComfortCurve Keyboard 2000を愛用していた相方が、急に富士通コンポーネントのリベルタッチ――それも103英語配列に乗り換えた。何でも、キーの抜ける感触の心地よさでRealforceを上回るという。英語配列にしたのは、親指でどこを叩いてもスペースバーなことに気に入ったからだそうだ。

このまえ触らせてもらったのだが、たしかにキータッチはRealforceを上回るかもしれない。それに加えて、リベルタッチはキーの荷重を変更できるように、標準(43g)とは別に軽め(35g)・重め(55g)のラバーゴムが付属する。相方のキーボードはEnter、Backspace、左Shiftの3カ所を軽めのラバーゴムに取り替えてあり、編集作業がしやすいようになっていた。

キーボードから鍵盤配列に話題を移す。親指シフト界隈では、Windowsで長らく使われてきた親指エミュレーター「親指ひゅんQ」の公開が停止されたことが重大なニュースだった。私自身も長らく同ソフトウェアを使ってきたのだが、近い将来を考えて別のものも試している。

現在試用しているのは、やまぶきR(1.02)というエミュレーターだ。同ソフトは「やまぶき」の派生バージョンで、ローマ字入力によるエミュレーターに特化する代わりに処理を高速化させ、取りこぼしを少なくしているという。事実、取りこぼしは少なくなった気がする。また、やまぶきRはコマンドプロンプトでも問題なく使えるのもよい。

親指シフト入力のエミュレーションにローマ字入力を採用すると速度的に不利かと思っていたのだが、単純にそうとは言い切れないことに気がつく。たしかに清音についてはローマ字入力方式によるエミュレーションはカナ入力の2倍の出力になる。しかし実際に取りこぼしが発生しやすいのは、「でしょう」のようなシフト操作が連続する場合だ。このときローマ字入力による場合にはシフト操作が必要ない。この点が有利に作用するのかもしれない。

ところで、ソフトウェアエミュレーションよりももっと下層――カーネルモードで動く親指シフト用キーボードドライバー「親指の友」というものがある。原理的には、ドライバーレベルでの実装が望ましい。32bit版WindowsでPS/2接続されているキーボードでないと動作しないとのことなので、先頃復活させたLenovo 3000に導入してみた。なるほど応答は良好だ。しばらく使ってみようと思う。

Tags: PC
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo