トップ «前の日記(2010-11-05) 最新 次の日記(2010-11-12)» 編集

十日日記


2010-11-11

Link FreeNASは便利

ほとんどSambaによるファイルサーバーとしてだけ使われていたPentium III級のLinux機が老朽化し、不良セクターが見つかるようになった。折しも不要なXeon搭載機があったため、こちらに2TBのHDDを2台入れてRAIDを構成し、Linux機との入れ替えを検討する。

今回、OSにはFreeNASを選んでみる。このOSはFreeBSDを基盤にしてNASの使用に特化して作られたもので、CD起動が可能になっている。全設定がブラウザーから行なえる上、設定を単一のXMLファイルとして保存したり読み込んだりできる。起動をUSBメモリーなどの外付けディスクに追いやることによって、内蔵のディスク領域をすべてデータ用に使えるわけだ。

USBメモリーへのインストールは腹黒.comの記事が参考になる。とても簡単で、10分ほどで済む。設定画面も日本語化されており、特に迷うところはなかった。

laggを使ったNICの集約も、マウス操作だけで行なえる。あいにく手元にはIEEE 802.3ad対応のスイッチがないので、モードはロードバランスにしている。

唯一はまったのはiSCSIだ。(具体的な手順はおーたけ日記の記事が詳しい。)FreeNAS機をiSCSIターゲット(仮想SCSIディスク側)にしてWindows 7機からアクセスしようとするのだが、認証に失敗する旨のエラーが表示される。設定方法が悪いのかとしばらく悩むも、結局FreeNASのシェルスクリプトに問題ことがわかる。タイミングのいいことに、その事実に気づいた前日にFreeNASが0.72.5543に更新されていた。OSを更新して解決する。

iSCSIのパフォーマンスiSCSIに興味を持ったのは、「Windows 7をディスクレスで使う」というブログ記事を夏に読んだときからである。つづく「iSCSIとHDDのベンチマーク」という記事では、Windows 7のパフォーマンス評価においてディスクがローカルディスクと同じスコアを出していると報告されている。記事はRAID 5の構成だが、RAID 1構成であるXeon機で試したところ、書き込みもかなり速いことがわかる。この数値には、かなり驚いた。

ちなみに、OSのアップグレードは至極簡単だった。CD-ROMから起動して、アップグレードを選べばよい。ただ、その間はサービスを停止させなくてはならないので、24/7の運用が必要な場合には少し困るだろう。

Tags: Admin
[]


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo