トップ 最新 追記

十日日記


2011-03-05

Link 人を助けるということ

人を助けるとはどういうことか エドガー・H・シャイン『人を助けるとはどういうことか』(英治出版、2009年)は、支援(Helping)について包括的に述べた書籍である。ここでいう「支援」の定義は幅広く、道を尋ねられた場合に答える場合から医者が患者を診察する場合まで含まれる。いささか理論的な第2章は「まとめ」だけ読んで、第3章から熟読すると理解しやすい。

同書の第3章以降で触れられているのは、いかに支援を成功させるかという点だ。基本的には支援する側について書かれているが、支援される側(クライアント)の立場で記されている部分もある。

著者は支援を3つのモードに分けている。(1)クライアントが必要な知識やサービスを提供するというかたちで支援を与える専門家、(2)クライアントの状態を診断し、処方箋や専門的なサービスを与える医師、(3)実際に必要なものを判断するため、共同で調べることによってクライアントを参加させ、情報をすべて打ち明けてもらえるほどの信頼関係を築くプロセス・コンサルタント。これらのモードを行き来しながら支援を実践するとよいそうだ。

とはいえ、私が同書から得た最大の収穫は別である。同書を読みながら自分自身の経歴を振り返ったとき、自らの行動指針が「支援」――もっと簡単にいうと「人助け」なのだと気がついた点だ。野口先生だったか今野先生だったか、東大工学部の教えの1つに「真理とは役に立つことなり」というものがあったと思う。私の発想は、それに近いのだろう。

もうひとつ、監訳者の解説を読んでいて知った言葉に「キャリア・アンカー」がある。これもシャイン先生が名付けた言葉で、職業生活上これだけは譲れないという価値観や欲求をいう。初期には5分類、後期には「専門能力」「ジェネラル・マネジャーとしての能力」「独立」「保障・安定」「起業家的挑戦」「奉仕・社会貢献」「純粋な挑戦」「生活様式(仕事と家庭の両立)」と8分類された。進路の岐路に立ったとき、自らのキャリア・アンカーを自覚していると選択の一助になるだろう。

Tags:


プロフィール

渡辺 慎太郎(na@10days.org)

分野別表示

Admin | Client | Dev | Excel | Linux | PC | PDA | Web | iPad | web | 家電 | 文具 | | 英語 | 言語 | | 音楽

月別表示

1999|07|
2003|05|06|07|08|09|10|11|12|
2004|01|02|03|04|05|06|07|09|10|11|12|
2005|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2006|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2007|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2008|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2009|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2010|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|
2011|01|02|03|04|05|06|07|08|09|10|11|12|

最近の記事

雨量情報 dictionary.com Yahoo google Yahoo! 路線情報 東京アメッシュ l-mura l-aka l-momo 目次 r-mura r-aka r-daidai r-kiiro asahi.com nogulabo r-sora r-midori r-midori r-momo