最新 追記

英英辞典読書録

2007|07|08|09|12|
2008|01|

2007-08-01 congregation、conscientious、constipation

_ pp.126-128。知らない単語が増えてきた。

congregation(p.126)の語義は

the people who are in a church for a religious ceremony

とあって私は最初「教会側」で式に関係することをする人たちなのかと思ったのだが、そうではなくて「信徒」「信者」だった。この語義も、他の辞典ではもっと明確に定義している。特にOALD6は芸が細かい。

a group of people meeting to worship in church (CLD2ja)
The people who are attending a church service or who regularly attend a church service are referred to as the congregation. (COBUILD3)
1. a group of people who are gathered togerther in a church to worship God, not including the priest and choir / 2. the group of people who belong to a particular church and go there regularly to worship (OALD6)

conifer(p.126)には、次のようにある。

a tree that keeps its leaves in winter and wich has cones containing its seeds

これはわかりやすい。針葉樹だ。こういう語はODEの十八番なので引いてみよう。

a tree which bears cones and needle-like or scale-like leaves that are typically evergreen. Conifers are of major importance as the source of softwood, and also suplly resins and turpentine. (このあとも蘊蓄がつづく)

conjurer(p.126)は

someone who does magic tricks

とある。magicianとの違いが知りたいのでOLAD6にあたると、conjurerはconjuringする者だという。それでconjuringを引くと

entertainment in the form of magic tricks, especially ones which seem to make things appear or disappear

ということだそうだ。

conscience(p.126)は次の例文のような使いかたを初めて知った。

I know the mistake is still on his conscience.

「引きずっている」「吹っ切れていない」という意味。

conscientious(p.126)も辞典によって定義にバラエティがある。

careful to do the things that need doing (LWD)
always doing your work with a lot of care (CLD2ja)
taking care to do things carefully and correctly (OALD6)
Someone who is conscientious is very careful to do their work properly. (COBUILD3)

CLD2jaが和訳で「良心的な」としているのは、“conscientious objector”(良心的兵役拒否者)に引きずられてのことか。どうも「念入り」「細心の」といった言葉のほうが似合いそうだ。

consecutive(p.127)は離散的な連続を表わす……これでは形容矛盾だが、言葉が思い浮かばない。下の例文を見ると早い。

He was late for school on three consecutive days.

conservatory(p.127)もLWDの定義は感心しない。

a room made of glass that is joined to the side of a house (LWD)

ガーデンテラスか何かか? こういうときにはOALD6を引いて、

a room with a glass walls and a glass roof that is build on the side of a house. Conservatories are used for sitting in to enjoy the sun, and to protect plants from cold weather. (OALD6)

ああ「温室」(サンルーム)かと納得する。

consistency(p.127)には次のような意味もある。

how thick or firm a mixture is

たしかに「一貫性」は「粘りけ」(ねちっこさ)に通じる。ちなみに統計学では「一致性」と訳す。一致性は、統計量の性質を測るための基準のひとつだ。

子音をconsonant(p.128)というとは。恥ずかしながらvowel(母音)しか知らなかった。「son」は音だから、子音は音と一緒に出るものなのか。音節言語みたいだなあ。conspiracy(p.128)は「共謀」で、「佐藤蜜太郎なる男を饅頭にてアン殺す」。

constellation(p.128)は「星座」。スタートレックで「コンステレーション級」の船(スターゲイザーとか)というあれだ。ほかにも「ネビュラ級」とか「ギャラクシー級」などがあったが、ギャラクシー級が大きいということ以外よく知らない。おそらくトレッキーは諳んじているのだろう。

constipation(p.128)は語義を一読しても意味が推測できなかった。

when someone is unable to remove waste food from inside their body

CLD2jaを引いて「便秘」と知る。たしかに上のとおりの意味だが、もっと書きようがあるのではなかろうか。私は「remove waste food」で「食べ過ぎて吐くのかな」などと余計なことを考えた。OALD6はずっと明確である。

the condition of being unable to get rid of waste material from the bowels easily

bowelはLongmanの定義許可語に入っていないのかと思いきや、入っているではないか。

COBUILD3もなかなかのものだ。

Constipation is a medical condition which causes people to have difficulty getting rid of solid waste from their body.


2007-08-03 contagious、coral、corn

_ pp.129-135。当初の主旨を変え、LWDのイマイチな語義を論う日記にしていきたい。

contagious(p.129)の語義は次のとおり。

a contagious disease can pass from one person to another

これを「伝染病」だと思った向きは、LWDの語義の甘さに慣れていない。他の辞典を引いてみよう。

A contagious disease is one that you can get if you touch someone who has it. (CLD2ja)
a congabious disease spreads by people touching each other (OALD6)

どうも「接触感染」という点がキモのように思えるのだが、どうだろう。LWDは「pass」でそれを表現しようと思ったのだろうか。

content(p.130)は(3)でcontentsの説明をしている。ところが、すぐあとにcontentsで別見出しを立てていて、まったく同じ説明が繰り返されている。おそらく別見出しを立てたときに削除し忘れたのだろう。なんか嫌になってきた。

coral(p.133)は知っている人も多いかもしれないが、語義は下のとおり。

a hard substance formed from the bones of small sea animals

サンゴだ。わからないことはないが、ちょっとずれていると思う。ふつうサンゴを説明するとき、南海の海底にできることや独特の色・形を思い浮かべないだろうか。

Coral is a hard substance formed from the bones of very small sea animals. It is often used to make jewellery. (COBUILD3)
a hard, usually pink or white substance produced by a type of very small sea animal (CLD2ja)
a hard substance that is red, pink or white in colour, and that forms on the bottom of the sea from the bones of very small creatures. Coral is often used in jewellery (OALD6)
a hard stony substance secreted by certain marine coelenterates as an external skeleton, typically forming large reefs in warm seas (ODE)

というわけで、OALD6のよさが浮かび上がる結果となった。なおCLD2jaはcoralの見出しインデントを忘れているから、次の刷りで直したほうがよい。

いいことも書いておかなくては。cornは英国では穀物一般を指すようだ。

plants such as wheat that produce seeds for making flour, or seeds they produce

トウモロコシはmaizeという。そしてcould(p.135)では、LWD独特のハイテンションな会話文を拝むことができた。実際、感嘆符の登場回数は他の辞典を圧倒するのではないかと思う。

What a silly thing to do! I could have been killed!


2007-08-04 crab、creeps、crutch

_ pp.136-143。crab(p.138)は蟹。カニカニどこカニ。

a sea animal with a shell and ten legs that walks to the side, not forwards

これはわりといい定義だ。OALD6は

a sea creatrue with a hard shell, eight legs and two pincers(= curved and pointed limbs for catching and holding things). Crabs moves sideways on land.

と、カニのハサミの部分を“pincer”(日本でいうペンチ)ということも情報として載せている。さすがやなあ。

crafty(p.138)はちょっと憶えておきたい単語。狐のようなずる賢さを表わす形容詞だ。速習をcrash course(p.139)というのも、ちょっといいな。

a crafty person deceives people in a clever way to get what they want

creeps(p.140)は名詞としての用法(give sb the creeps)に注目。また感嘆符が出ますよ!

That man gives me the creeps!

「あの男ったら気味悪いのよ」と、なんか『ギリシャ語通訳』に出てくる悪人を彷彿とさせるな。crevice(p.140)はcrevasseと似ていて少し違う意味の語。

LWDのいい部分が出た語がcrust(p.143)である。

the hard part on the outside of something, especially bread: He cut the crust off his sandwiches. | the Earth's crust

このように、短いながらも具体性を失わない語義と、他の辞典では省略されがちな例文(実際CLD2jaには例文がない)を2文載せている点。他の語もこうあれば理想的なのだが、ダメなのがすぐあとのcrutch(p.143)だ。

a stick that you use to help you walk when you have hurt your leg

これでは単なる杖にも当てはまってしまう。定義語を短くするのはいいが、その特徴を失うようでは意味がない。松葉杖であることを言うなら、あの持ち方を強調しなくては。他の辞典を引いてみよう。

  • a stick that you put under your arm to help you walk if you have injured your leg or foot (CLD2ja)
  • one of two long sticks that you put under your arms to help walk after you have injured your leg or foot (OALD6)

OLAD6は2本1組であることも伝えている。


2007-08-05 cynical、dart、date

_ pp.144-151。今回は素直に勉強になった。

cupboard(p.144)は

a piece of furniture witha door and shelves for storing things: ''I'm going to clean the kitchen cupboards.

とあって、まあ「水屋」だろう。もっとも最近は水屋も通じにくくなってきている。

cushy(p.145)は

a cushy job or situation is very easy or pleasant

という語義。CLD2jaに「楽ちん」とあって気に入る。

cynical(p.146)の語義と例文とが興味を引いた。

believing that no one does things for good or hornest reasons: I'm rather cynical about journalists who claim to be helping the public.

この場合「皮肉な」というのとは違う。ひとことで通じる日本語が出てこない。文によって訳し分けたほうがよさそうである。

Dに突入。dangle(p.148)は

to hang or swing from something: Long earing dangled from her ears.

で意味が十分にわかる。しかしこうした言葉は、日本語でいう擬態語のように感ぜられる。

dart2(p.148)は、ちょっと英和辞典に問題があるのではないかと思われる。

to move suddenly and quickly in a particular direction

という語義。例文は他の辞典も合わせると、

  • The fish darted away. (LWD)
  • The girl turned and darted away through the trees. (COBUILD3)
  • Her eyes darted around the room, looking for Greg. (OALD6)

のように「すばやく動く」ことが強調されている。だから、「矢のように飛んで行く、突進する」(『ジーニアス大英和』)はどうかと思う。

date(p.149)には棗の実という意味もあったのかという驚きはともかく、date fromのような用法は憶えておこうと思った。

The house dates from the 17th century.

these days(p.149)にある含意を記した語義は勉強になった。

used to talk about now, rather than the past, especially when you want to say how things have changed: You're looking very slim these days. Have you lost weight?

と、あいかわらず例文はテンションが高い。もうひとつ例文を挙げておくと

The driver of the truck bled to death before the ambulance crew could reach him.

「トラックの運転手は救急隊が到着する前に出血多量で死亡した」。このbled to deathも記憶しておこう。


2007-08-06 CLD2jaに目を見張る

_ pp.152-158。今回はOALD6よりCLD2jaの定義が光った。

decor(p.153)は部屋の様式というかスタイルというか。decorationがあるのだからdecorがあって不思議はない。ただしdecorは名詞。

建物に関する言葉として、decrepit(p.153)、demolish(p.156)、derelict(p.158)を新たに知った。それぞれ、「老朽化した」「取り壊す」「打ち捨てられた」という意味。それぞれの例文を引いておこう。

  • The office buildings were throughly decrepit.
  • The old houses were demolished years ago.
  • derelict factories with broken windows and holes in the roof

deft(p.155)は「手際よい」という意味。料理や絵などで使いそうだ。

movements that are deft are quick and skillful

今回のよくない語義としては、delegate(p.155)を挙げたい。「使節」の意味として、下はちょっと不明瞭だ。

someone that a country or organization chooses to do something for it, such as speak or vote at a meeting

representが定義2000語にあるのだから、それを使えばいいのに。他の辞典を見てみよう。

  • someone who is sent somewhere to represent a group of people, especially at a meeting (CLD2ja)
  • A delegate is a person who is chosen to vote or make decisions on behalf of a group of other people, especially at a conference or a meeting. (COBUILD3)
  • a person who is chosen or elected to represent the views of a group of people and vote and make decisions for them (OALD6)

今回はCLD2jaが最も簡潔だ。COBUILD3は「a group of other people」が引っかかる。

deepen(p.153)の語義は比喩に絞っていて思い切りがいい。

to become worse, or to make something worse: The President's political troubles deepened last week.

単なる「深める」は当たり前だから入れず、「深刻にする」という意味だけを採用したのだろう。「知識を深める」というほうの比喩も、まあわかるか。

思い切りのよさではdelicacy(p.155)も負けていない。

a rare or expensive food that is especially nice to eat

で「珍味」だが、delicateからくるデリカシーはなくていいのか。

delirious(p.156)も

unable to think clealy because you are ill

とシンプルだが、CLD2jaの定義が優れている。

speaking or thinking in a confused way, often because of a vever or drugs

考えていないのではなくて、考えていることがデタラメだという点を強調している。また、原因として高熱だけでなく麻薬を入れているのにも注目。他の辞典には載っていないことだ。

delve(p.156)は

to put your hand deep inside a bag, box, etc in order to find something

で「突っ込む」という感じか。dentures(p.157)はfase teethの堅い表現で、「義歯」というところ。

deport(p.158)の語義を見ると

to force someone to leave a country and return to the country they came from

とある。exileが「国外追放」なのに対して、deportは「国外退去」なのか。CLD2jaはもっとあからさまだ。

to force a foreign person to leave a country

たしかに退去させたあとはどこに行こうが当人の勝手だから、こちらのほうが正確ではある。


2007-08-10 たくさん

_ pp.159-169。たくさんある。

deter 人 from 事(p.160)で「ためらわせる」。deteriorate(p.160)は「悪化する」。detest(p.160)は「を嫌う」。以下例文。

  • The long working hours deter many young people from becoming doctors.
  • The weather deteriorated, and by the afternoon it was raining.
  • I detest vegetales!

devise(p.161)とinventとの意味合いの違いがわからない。定義を比較すると

  • to think of a new way of doing something (devise)
  • to think of or make something completely new (invent)

とある。

病気関係。diabetes(p.161)は糖尿病、diarrhoea(p.162)は下痢。

建物関係。dilapidated(p.164)は定義を見てみよう。

a dilapidated building or vehicle is old and in bad condition

「老朽化」か? ODEを引くと

(of a building or object) in a state of disrepair or ruin as a result of age or neglect

とある。原因がneglectの場合には「荒廃した」あたりか。dingy/dIndZi/(p.164)は

dingy buildings or places are dirty, dark and unpleasant

と不快な様子を並べ立てていて、訳語をひとつに決めるのは難しい。「薄汚い」「小汚い」といま書いて思ったのだが、接頭語の「小」は「こざっぱり」「こぎれい」などプラスの評価もするのに、「薄」は「薄ら寒い」「薄気味悪い」のようにマイナスの評価しかない。「薄い」という言葉がもつ語義の宿命か。

disarray(p.166)とdisorder(p.169)は「ちゃんとしていない」という点で共通しているが、後者には医学的な意味もある。

an illness that stops part of your body woring properly: She has a rare blood disorder.

“blood disorder”とは何だろう。血液疾患というものだろうか。

discreet(p.167)は単語帳の影響からかずっと「思慮深い」と憶えていたのだが、語義や例文を読むとずれているようだ。

careful not to let people know what is happening, to avoid embarassing or offending them

例文は、各種辞典から引いてみる。

  • They were very discreet about their relationship. (LWD)
  • I don't want anyone to find out about our agreement, so please b discreet. (OWD)
  • Can I trust you to be discreet? (CLD2ja)
  • It wasn't very discreet of you to call me at the office. (LASD)

こうして見てみると、「慎む」という言葉が似合う。最初の3つは「口を慎む」だろう。

discrepancy(p.167)やdiscretion(p.167)は、例文を読めば意味がわかる。

  • There's a discrepancy between your results and mine.
  • Punishment is at the discretion of your teacher.

disenchanted(p.167)とdisillusioned(p.168)との違いはまだわかっていない。「幻滅」するということだが、感情にまつわる言葉は苦手だ。disperse(p.169)は警官が群衆を追い払うような感じ、disposition(p.169)は「素質」や「気質」。


2007-08-13

_ pp.170-171

tdiaryには見出しを付ける機能があったのを思い出したので、これからは見開き2ページごとに区切っていくことにしよう。

Economist誌の短い記事を読んでいたら、LWDに掲載されていない単語が6つもあった。Economistを楽々と読みこなそうと思ったら、12,000語では完全に語彙不足であるということだ。幸いにも中級レベルの辞典には載っていたから、最低そこまでは目指さねばなるまい。

dissectの語義は次のとおり。

to cut up a plant or animal in oreder to study it: In biology, we dissected a rat.

例文のおかげで「解剖」とわかる。ただし植物でも使うようで、その場合には別の日本語を用いねばなるまい。

distortは、むかし電波について調べものをしているときに出会った単語である。本来的には「ゆがみ」とか「ひずみ」の意味。

それよりも今回はdiversionが気になった。私は「気晴らし」と憶えていたのだが、定義や例文を見ると、ぜんぜん違う。

something that takes your attension away from something else: One boy created a diversion while the other stole the CDs.

create a diversionで「気をそらす」「注意を引く」という意味があるらしい。今回の例文を訳せば、「少年の1人が店員の気をそらしている隙に、もう1人がCDを盗んだ」となる。店員かどうかはわからないが、日本語で「気をそらす」となると対象が必要だ。


2007-08-14

_ pp.172-175

pp.174-175は一面が“do”に充てられている。

docileは英米で発音が異なる語。英国が/'d@UsaIl/、米国が/'dAs@l/。発音記号はSampaに基づく。で、この語は「従順な」という意味で、私には人間に使うものだと思っていたのだが、そうではなく動物にも使う。

quiet and easy to control: The horse was very docile.

ODEには

She's a black Labrador, gentle and docile.

という例文が挙っていた。「おとなしい」という訳語はどうだろうか。

dodgeは「身をかわす」という意味。「ドッジボール」の「ドッジ」だ。例文を見れば十分だろう。

Someone threw a stone at me and I dodged.

be on the doleで「失業手当を受けている」状態を表わすが、これは英国表現。

He left school at 16 and now he's on the dole.

_ pp.176-177

dotingは「溺愛」。

loving someone very much, in a way that seems silly to other people: His doting parents let him do whatever he likes.

「in a way」以降がポイント高い。OALD6やMacmillan Essential Dictionary(米語版。以下MEDAmと略す)には“ignoring their faults”とあって、なるほどと思った。

double bassはコントラバス。田舎のバスはオンボロバス(中村メイコ)。

dough

a soft mixture containing flour that you bake to make bread

で、生地である。

downの例文で、“stone”という単位を知った。

My weight is now down to 9 stone.

「1 stone」は14lb。1lb=0.454kgだから、6.356kg。上の人は57.2kgにまで減量したのか。

down-to-earthは、どこかで使いたい言葉だ。

sensible and practical: For a famous pop star, she's very donw-to-earth.

上の定義はなかなかで、sensibleというところで賛意を含ませている。基本的には「堅実な」という意味。上の文なら日本語では「しっかりしている」と表現するだろう。


2007-08-15

_ pp.178-179

drawbackは「欠点」とか「障害」と訳すが、少し注意が必要である。

something that might be a problem or disadvantage: The only drawback to living in London is the cost.

この例文の発話者は、発話時点ではロンドンに住んでいない可能性が大きい。それを語義の中の“might be”から読み取らなくてはならない。(ただし過去時制の場合には、単なるdisadvantageと同じ意味になることもあるようだ。)OALD6では別の表現を与えている。

a disadvantage or problem that makes sth a less attractive idea

drearyは「退屈な」とか「だるい」とかいった悪い意味の形容詞。LWDでは

not exciting: Life here is so dreary.

とある。他の辞典をあたっても、lifeと共起する頻度が高いようだ。

drenchは「ずぶぬれ」にすること。

I got totally drenched in th rain.

LWDではtotallyという副詞をよく見かける。

_ pp.180-181

get sb's driftで、「sbの言わんとすることは大体わかる」という意味。ただし「informal」マークが付いている。「informal」

I don't know much about computers but I get your drift.

「informal」と言えば、tellyがTVの俗語だと初めて知った。

Dad's dropped off in front of the telly again.

「パパったらテレビの前でまた寝てる」。

droopは「英辞郎」には「大学受験」マークが付いていた。知らなかった。

if something droops, it hangs down because it is old or weak: These flowers have started to droop.

こういう語は「英英辞典」で得るところの大きいタイプだ。

drowsy

tired and almost asleep

で、眠たさと気だるさが混じったような語だなあ。


2007-08-17

_ pp.182-183

duchessはdukeの奥さん。duckには「しゃがむ」という意味あり。

dunkはダンクシュートダンクだが、

to quickly put something into a liquid and then take it out again

とある。パンやビスケットをさっと浸して取り出すときに使う。

dupeは簡単に言えば「だます」だが、CWDによれば語法として“often passive, + into + doing sth”とある。今回は例文もLWDよりCWDのほうが面白いので、こちらから採ろう。

He was duped into paying $4000 for a fake painting.

durationは経済用語の「デュレーション」しか知らなかったが、ふつうに「〜の続いている間」という意味にもなるらしい。

He had to sit in the corner for the duration of the lesson.

for the duration ofというのは、duringと同じことだと思う。ずっともったいぶった感じはするけれど。

duskは黄昏で、dawnの反意語。dawnと一緒に憶えておくべきだった。

The streetlights come on at dusk.

dustは埃だが、動詞で使用すると「布などで拭いて埃を掃除する」意味になるのがおもしろい。

He dusted the bookshelves.

_ pp.184-185

p.185で「E」に入る。

dyeは染める。この語は、なかなか憶えられない語の1つだ。

dynastyは、ある家系による一国の統治を示す言葉。

Ming dynasty ruled China for 300 years.

この場合は「王朝」でよいが、「Tokugawa dynasty」などは別の言葉を考えなくてはならない。

earshotが痛く気に入る。声の届く範囲という意味。

He waited until the teacher was out of earshot, then he started laughing.

愉快そうな様が思い浮かぶ。


2007-08-21

_ pp.186-187

esterly windは東風だが、east windとの違いがわからない。ホームズが「最後の挨拶」で言っていたのは、east windだった。東風はギリシャ時代から不吉だと言われている。

There's an east wind coming, Watson.

economize(節約する)は前置詞onをとる。

Try to economize on water during this dry period.

あとはedgeの動詞としての用法で、「そろりと動く/動かす」という意味がある。英和辞典の多くは「じりじり」という訳語をあてているが、どんなもんだろう。

  • I edged the car into the parking space. (LWD)
  • I edged nervously past the dog. (OALD6)

2007-08-22

_ pp.188-189

come into effectで「(法律や制度が)効力を発する」という意味であり、状態として使用する場合にはbe in effectを用いる。

The changes will come into effect immediately.

eggplantは茄子。米語ではaubergine。

p.189にはelelctricとelectricalの語法が掲載されている。この語法が載っている中級英英辞典は、ロングマンとマクミランである。electricがelectric kettleのように個々の機器の前に付き、electricalは電気一般に関する語の前に付く。electricianelectrical equipmentを修理する人、のように。

electrocuteは感電死。事故にも処刑にも使う動詞だ。

He was electrocuted for the murder of two children.


2007-08-26

_ pp.190-193。

be eliminatedには、トーナメント戦で敗退するという意味がある。たしかに日本語でも「消えた」と言う。

We were eliminated in the very first game.

embroiderは「刺繍する」。そこまでいかずとも、何らかのパターンを縫いつけるときに用いる表現らしい。次の例はCOBUILD3から。

I have a pillow with my name embroidered on it.

eminentillustriousと意味の区別がつかなかったが、COBUILD3の語義を読んで、朧気ながら違いが見えてきた。

  • An eminent person is well-known and respected, especially because they are good at their profession.
  • If you describe someone as an illustrious person, you mean that they are extremely well known because they have a high position in society or they have done something impressive.

後者のほうには身分も入ってくるのか。シャーロック・ホームズの「The Adventure of the Illustrious Client」は、「Eminent Client」には置き換えられないわけだ。(依頼者はエドワード7世と言われているから。)

engrossedはinterestedの激しいものと考えればよいだろうか。

Bill was engrossed in the newspaper.


最新 追記