«前の日記(2007-08-03) 最新 次の日記(2007-08-05)» 編集

英英辞典読書録

2007|07|08|09|12|
2008|01|

2007-08-04 crab、creeps、crutch

_ pp.136-143。crab(p.138)は蟹。カニカニどこカニ。

a sea animal with a shell and ten legs that walks to the side, not forwards

これはわりといい定義だ。OALD6は

a sea creatrue with a hard shell, eight legs and two pincers(= curved and pointed limbs for catching and holding things). Crabs moves sideways on land.

と、カニのハサミの部分を“pincer”(日本でいうペンチ)ということも情報として載せている。さすがやなあ。

crafty(p.138)はちょっと憶えておきたい単語。狐のようなずる賢さを表わす形容詞だ。速習をcrash course(p.139)というのも、ちょっといいな。

a crafty person deceives people in a clever way to get what they want

creeps(p.140)は名詞としての用法(give sb the creeps)に注目。また感嘆符が出ますよ!

That man gives me the creeps!

「あの男ったら気味悪いのよ」と、なんか『ギリシャ語通訳』に出てくる悪人を彷彿とさせるな。crevice(p.140)はcrevasseと似ていて少し違う意味の語。

LWDのいい部分が出た語がcrust(p.143)である。

the hard part on the outside of something, especially bread: He cut the crust off his sandwiches. | the Earth's crust

このように、短いながらも具体性を失わない語義と、他の辞典では省略されがちな例文(実際CLD2jaには例文がない)を2文載せている点。他の語もこうあれば理想的なのだが、ダメなのがすぐあとのcrutch(p.143)だ。

a stick that you use to help you walk when you have hurt your leg

これでは単なる杖にも当てはまってしまう。定義語を短くするのはいいが、その特徴を失うようでは意味がない。松葉杖であることを言うなら、あの持ち方を強調しなくては。他の辞典を引いてみよう。

  • a stick that you put under your arm to help you walk if you have injured your leg or foot (CLD2ja)
  • one of two long sticks that you put under your arms to help walk after you have injured your leg or foot (OALD6)

OLAD6は2本1組であることも伝えている。


«前の日記(2007-08-03) 最新 次の日記(2007-08-05)» 編集