«前の日記(2007-09-21) 最新 次の日記(2007-12-21)» 編集

英英辞典読書録

2007|07|08|09|12|
2008|01|

2007-09-22 pp.198-199

_ establishmentはカタカナ語としての「体制」みたいなものを想像していたのだが、定義はぜんぜん違った。

a place for education, training, or research: an educational establishment

上を見るかぎり、単なる「施設」だ。

eternityは「永遠」だが、暗に死後を指している。これは日本でも同じか。

time that does not end, especially the time after you die

euphemism(婉曲表現)は単語帳で習った。euthanasia(安楽死)は知らなかった。「eu」は「よい」だから、なかなか意味深な単語だ。

きょう学んだ中で便利な表現は、「〜の際に」で使えるin the event of somethingである。例文を読めば、それが書き言葉であることがわかる。

In the event of a fire, leave the school building at once.


«前の日記(2007-09-21) 最新 次の日記(2007-12-21)» 編集