«前の日記(2008-01-01) 最新 次の日記(2008-01-03)» 編集

英英辞典読書録

2007|07|08|09|12|
2008|01|

2008-01-02

_ pp.208-211

fabulous(すばらしい)は口語。faceは連語だらけで憶えきれない。faceliftは皺を伸ばす美容整形。fadは一時的な流行。failing(欠点)は、対象が人間(someone)であるように書かれている。もっとも、COBUILD3では「someone or something」というので、頻度の問題かもしれない。

His only failing is that he's always late!

failの名詞はfailureだが、動詞・名詞とで意味につながりが出てくるのを両語で久々に意識した。次のような例文である。

Her eyesight is beginning to fail.
He died of heart failure.

後者はわりと目にするのだが、前者の表現は意識したことがなかった。そういえば、ミントン『ここがおかしい日本人の英文法』(研究社出版、1999年)には、never fail toとwithout failを混同してはいけないと書かれていた。両者ともalwaysの意味だが、「必ず〜せよ」命令する場合には後者しか使えないとのこと。

fairの名詞というと国際展示場で開かれるような催し物を想像するのだが、LWDの定義では次のようになっている。

an outdoor event where there are large machines to ride on and games to play

これはたぶん、『リーダーズ』にあるfunfairのことなのだろう。

familyは、例文を2つ。

We're too young to start a family.(LWD:子供はまだ早いよ。)
Heart disease runs in the family.(OALD6:心臓病の血筋だ。)


«前の日記(2008-01-01) 最新 次の日記(2008-01-03)» 編集